Language:
Page Info
Tags:
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

5.オーバーラップしているアクタをテストする


現時点では、何かが Box トリガーにオーバーラップすると OnComponentBeginOverlap イベントが実行します。オーバーラップしている対象がアバターまたはポーンの場合は、 実際に起動するビヘイビアだけを実行させるのが目的です。「Box トリガーにオーバーラップしているアクタは、ポーンと同じアクタか?」と考えてみてください。

OnComponentBeginOverlap イベントの [Other Actor] 出力を使用して設定していきます。

  1. OnComponentBeginOverlap イベントの Other Actor ピンをクリック、グラフの空のスペースにドラッグ、最後にピンをリリースするとコンテクストメニューが開きます。

    OtherActorContext.png

    互換性のあるノードのみを表示するために、コンテキストメニューはユーザーが現在作業しているピンでフィルタが設定されています。

  2. 検索ボックスに「=」を入力して利用できるノードにフィルタをかけます。そして [Equals (Object)] を選択します。

    EqualsOtherActor.png

    別の入力として Equals ノードに Side Scroller Char を設定することもできますが、使用している Character を変更した場合は、このブループリントで再び開いて手動で更新しなくてはいけません。 そうではなくて、現在使用しているポーンへの参照を取得します。

  3. グラフの空のスペースを 右クリック してコンテクストメニューを開きます。

  4. メニューの検索ボックスに「Pawn」と入力して、[Get Player Pawn (プレイヤーポーンを取得)] (Game の下) を選択します。

    GetPlayerPawnMenu.png

  5. Get Player PawnReturn Value 出力を Equals ノードの 2 番目の入力と接続します。

    EqualsComplete.png

    Other Actor がプレイヤーがコントロールするポーンの場合はこれを示すノードを作成したので、応答に基づいてグラフの実行フローを変更します。つまり On Component Begin Overlap ノードから去る時に 実行フローへ指示を出します。

    従って Flow Control ノード、具体的には Branch ノードを使用します。

  6. OnComponentBeginOverlap ノードから実行ピンをドラッグして、グラフの空きスペースでリリースします。

    ExecutionMenu.png

  7. 検索ボックスに「Branch」と入力して、コンテキストメニューから [Branch] を選択します。

    BranchAdded.png

  8. Equals ノードの出力ピンを Condition ノードの入力ピン Boolean に接続します。

    BranchComplete.png

オーバーラップしているアクタがユーザーのアクタかどうかに合わせて、グラフに別のビヘイビアを設定して実行する準備ができました。次のステップで設定を実行して、 Equals コンポーネントが True の場合、キャラクターを起動する Blueprint ノードを設定します。


Tags