Language:
Page Info
Tags:
Engine Version:

イベント ディスパッチャーの呼び出し

event_dispatcher_call_node.png

イベント ディスパッチャーを Call ノードで呼び出すと、イベント ディスパッチャーに接続しているすべてのイベントが発行されます。各イベント ディスパッチャーに対して 1 つ以上の Call ノードを持つことができます。 また、Blueprint クラスと Level ブループリンの両方でイベント ディスパッチャーを呼び出すこともできます。

Blueprint クラスの呼び出し

  1. [My Blueprint] タブでイベント ディスパッチャー名をドラッグして、作業しているグラフへドロップします。

  2. 表示されるメニューから [Call] を選びます。

    dispatcher_call_menu.png

または以下を行います。

  1. グラフを 右クリック します。

  2. コンテキスト メニューが表示されたら、[Event Dispatcher (イベントディスパッチャー)] を展開します。

    event_dispatcher_context.png

  3. [Event Dispatcher] にある [Call EventDispacherName (イベントディスパッチャー名を呼び出す)] を選択します。

    event_dispatcher_context_name.png

Level ブループリントで呼び出す

  1. イベントディスパッチャーを呼び出すレベルのアクタへ リファレンスを追加 します。

    target_step1.png

  2. リファレンス ノードの出力ピンをドラッグして、コンテキスト メニューを表示するためにリリースします。

    empty_context_menu.png

  3. コンテキスト メニューから、[Event Dispatcher] > [Call [EventDispatcherName]] へ移ります。「Event Call」を検索すると、ただちに適切なエントリが表示されます。

    call_node_level.png

    アクタのリファレンスが既に Target ピンにつなげられた状態で Call ノードが表示されます。

    call_dispatcher_wired_level.png

Tags