Language:
Page Info
Engine Version:

フィルター

プロジェクトには多くのアセットがあり、 コンテンツ ブラウザ を介して個々のアセットを探す場合、時間がかかったり生産性が低下することがあります。そのような場合に、 フィルター が役立ちます。

フィルターは、コンテンツ ブラウザのアセット ビューに表示されているアセットのタイプを迅速に絞り込むことができます。各フィルターは、特定のアセット タイプやコンテンツ ブラウザに表示されるアセットのタイプを制限するために使用する追加基準を表します。

FilterList.png

フィルターを追加する

コンテンツ ブラウザの検索バーから、フィルターを追加します。 [Filters] ボタンをクリックしてフィルタを追加できます。フィルター リストには、各カテゴリのサブメニューを表示する [Basic Assets] および [Other Assets] のリストが含まれています。

FiltersList.png

必要に応じて、現在のアセットビューにフィルターをいくつでも追加できます。フィルターは、加算的な性質があります。つまり、スタティックメッシュ フィルターを選択して開始すると、 スタティックメッシュ だけが表示されます。続いて ブループリント フィルターを選択すると、スタティックメッシュおよびブループリントが表示されます。各フィルターを追加するたびに、対象となるアセット タイプ数が増えます。現在表示されているアセットの数は、アセット ビューの左下隅でいつでも確認できます。

FilterBar.png

Other Assets フィルター リストのカテゴリそのものを選択することで、そのカテゴリ配下のすべてのフィルターを追加することもできます。 AddingSubMenuCategories.png

Animation カテゴリを選択すると、その配下のすべてのサブ カテゴリが自動的に有効になります。 AllSubCategoryFilters.png

フィルターを無効にする

[Filters] をクリックすることで、オンとオフを切り替えられます。無効になったフィルターは機能しなくなり、グレイ アウトされます。フィルターを再度オンにするには、もう一度クリックしてださい。

ActiveInactive.png

この例では、 Material フィルターが有効で Skeletal Mesh フィルターが無効になっています。

フィルターを取り除く

フィルターが不要になったら、リストから取り除くことができます。これを行うには、次の2種類の方法があります。

  • フィルターを右クリックします。

    検索バー の下のリストにある フィルター を右クリックし、コンテキスト メニューの [Name of Filter] を選択し、削除します。 button_RemoveFilter.png

    • フィルターリストを使う

    Filters ボタンをクリックし、選択したフィルターのチェックを外して選択を解除します。これで、フィルターバーからこれらのフィルターが取り除かれます。

    Filter1.png

カテゴリを選択し、続けて選択解除することで、カテゴリ内のすべてのフィルターを取り除くこともできます。

最近開いたファイルを開く

Recently Opened フィルタを使用すると、選択したフォルダの最近開いたアセット20件を表示できます。これは、 Other Filters カテゴリにあります。

最近開いたフィルタを使用する場合、 Content フォルダを選択することで、プロジェクト フォルダ全体にある最新のアセットが表示できます。サブ フォルダを選択すると、少数のアイテムしか表示されないか、まったく表示されないことがあります。リストは、選択中のフォルダ内に含まれている最近開いたアセットに応じています。RecentlyOpenedFilter.png

最近開いたフィルタで、リストされたアセットの数を変更できます。 エディタの環境設定 にある コンテンツ ブラウザ の下の、 Number of Assets to Keep in the Recently Opened Filter で変えられます。デフォルトでは 20 に設定されています。

フィルターと複数のコンテンツ ブラウザ

いくつかコンテンツ ブラウザを開いた状態で、フィルタを組み合わせると便利です。 1つのコンテンツ ブラウザに、特定のアセット タイプのみを表示することができます。

TwoContentBrowsers.png

フィルタを使用して、スタティック メッシュのみを表示するコンテンツ ブラウザ(左)、ブループリント クラスのみを表示するフィルタ(右)。