Language:
Page Info
Skill Level:
Engine Version:

3 - マテリアルの編集

この時点で、新規マテリアルが作成されて マテリアル エディタ が開いていることでしょう。

マテリアル エディタ の中で、マテリアルの色、光沢、透明度をはじめ、マテリアルの様々な定義を設定することができます。それでは、作成した Rock マテリアル の編集を行ってみましょう。

Rock マテリアルの編集

  1. マテリアル グラフ の中央にある Main Material ノードを 選択します。選択すると、マテリアル エディタ でノードがハイライトされます。

    newMainNode.png

    グラフエリア内にはこのノードしかありません。マテリアルにちなんだ名前が付けられます。

  2. [Details(詳細)] パネルで [Shading Model][Default Lit] から [Subsurface] に変更します。

    selectSubsurface.png

  3. [Subsurface Shading Model] を選択すると、Main Material ノードOpacitySubsurface Color のピンがさらに有効になります。

    newMorePins.png

  4. ここでテクスチャをグラフに入れます。エディタのグラフ内で [T] キーを押しながら左クリックします。Texture Sample ノード がグラフ内に表示されます。

    TextureSample.png

  5. テクスチャは最低 2 つはあるといいでしょう。以下のようになるまで、ステップ 4 を繰り返してください。

    newTextureSampleNodes.png

  6. Texture Sample ノード をどれか 1 つ選択し、[Details] パネル[Material Expression Texture Base] カテゴリを見つけてください。

    matExpressionTextureBase.png

    Texture プロパティで、'None' というプルダウン メニューを左クリックして、T_Rock_04_D というカラー テクスチャを選びます。

    検索フィールドに「 T_Rock_04_D 」と入力して、テクスチャ アセットを検索できます。

  7. もう片方の Texture Sample ノード にも同様のプロセスを行いますが、 T_Rock_04_n という法線マップテクスチャを選択します。

    newBothTexturesSelected.png

    マテリアル グラフは上の画像のようになります。

  8. T_Rock_04_D テクスチャ サンプルの カラーピン (白) を Rock マテリアルの Base Color ピン に接続します。

    newConnectColorPin.png

    いま接続した 白いピン にはテクスチャのカラー チャンネルが含まれています。

  9. T_Rock_04_n テクスチャ サンプルの Normal ピン (白) を Rock マテリアルの Normal ピン に接続します。

    newConnectNormalPin.png

    この 白いピン には、テクスチャの Normal Map 情報が含まれています。

  10. プレビュー すると、下の画像のようになっているはずです。

    newPreview_DN.png

  11. [1] キーを押したまま [Graph] パネル内で左クリックすると、Constant ノードが 3 つ作成されます。

    Constants.jpg

    Constant ノード は、変更可能なスカラーの float 変数です。

  12. ' 3 ' キーを押したまま [Graph] パネル内で左クリックすると、Constant3Vector ノードが 1 つ作成されます。

    Constant3.jpg

    Constant3Vector ノードはアルファ チャンネルのない色に対応する変更可能なベクターです。

    Constant 表現式については、Constant 表現式 を参照してください。

  13. ワイヤーが交差したり重なりあったりせず、簡単に接続できるようにノードを調整してください。

    newMatConstantsAdded.png

  14. すべての Constant ノードと Constant3Vector ノードを 'Rock' Material Main ノードの対応するピンに接続します。

    newAllNodesConnectedNoVal.png

  15. [Details] パネルの Value パラメータを更新することで、ConstantConstant3Vector のそれぞれの値を変更します。

    • Specular Value = 0.0

    • Roughness Value = 0.8

    • Opacity Value = 0.95

    • Subsurface Color = Red(1,0,0)

    newAllConnectedAllAdjusted.png

  16. プレビュー すると、下の画像のようになっているはずです。

    newPreviewAll.png

    マテリアル エディタ を終了する前に、必ずマテリアルを保存してください。

あともう少しです!ここまでで マテリアル エディタ を使って、Rock マテリアル を編集しました。

マテリアル エディタのキーボード ショートカットの一覧は、Edit Menu (編集メニュー) -> Editor Preferences (エディタの環境設定) -> Keyboard Shortcuts (キーボード ショートカット) ->[Material Editor]、[Material Editor-Spawn Nodes] カテゴリの順に選択して参照できます。