Language:
Page Info
Skill Level:
Engine Version:

4 - マテリアルの Static Mesh アクタへの適用

いよいよ仕上げのステップになりました!

このステップの目的は、インポートしたスタティック メッシュに マテリアル を適用することです。具体的には、以下について学習します。

アクタのデフォルト マテリアルを設定する

このセクションでは Static Mesh アクタ のデフォルト マテリアルの設定方法を説明します。アクタ がレベル内に配置される時には必ずデフォルト マテリアルが使われます。

  1. コンテンツ ブラウザ 内で、前のステップでインポートしたアセットをダブルクリックします。

    newBrowserContenAsset.png

    スタティックメッシュ エディタ に編集用のアセットが取り込まれます。

    StaticMeshEditor.jpg

  2. [Details (詳細)] パネルの LOD0 で [Material] ドロップダウン メニューをクリックします。

    LOD0.png

  3. 前のステップで作成した 'Rock' マテリアル を選択します。選択ウィンドウでマテリアルを利用できます。

    selectRockMaterial.png

    新しく適用したマテリアルを有効にするために [Preview (プレビュー)] ペイン が更新されます。

    NewDefaultMaterial.jpg

  4. まず [Save (保存)] ボタンをクリックしてから、 マテリアル エディタ を閉じます。

  5. コンテンツ ブラウザ 内で新しくテクスチャ化した Static Mesh アクタをレベル内にドラッグ&ドロップします。

    newMaterialInLevel.png

    このアセットをレベル内に配置する場合は、指定した マテリアル が使用されます。

アクタが使用するマテリアルを変更する

レベル内に Static Mesh オブジェクトを置く時に、オブジェクト (アクタ ) のインスタンスを作成しました。その アクタ のインスタンスのそれぞれに、マテリアルを指定することができます。

Static Mesh アクタの マテリアルは以下の手順で変更します。

  1. Static Mesh アクタ を選択します。

    newStatisMeshSelected.png

  2. [Details (詳細)] パネルの [Material] セクションで、[Materials] ドロップダウン メニューをクリックします。

    materialDropDown.png

  3. ポップアップ メニューで、別のマテリアルを選択します。

    selectTutorialAssetMat.png

  4. または、新しいマテリアルを Static Mesh アクタ 上にドラッグ&ドロップします。

    newMaterialDrop.png

以下の方法で、Static Mesh アクタにマテリアルを適用しました。

  • アクタのデフォルト マテリアルを設定する。

  • アクタが使用するマテリアルを変更する。

アーティスト向けクイック スタート ガイドが終わりました。ここまでに修得したスキルは以下の通りです。

プロジェクトの設定
マテリアルの作成
マテリアルの編集
Static Mesh アクタへのマテリアルの適用

ご自分で試しに作業してみる準備はできましたか?