Language:
Page Info
Skill Level:
Engine Version:

複数のカメラの使用

以下の手順では、複数のカメラ アングルを使用する短いシーケンスを作成します。

プロジェクトを作成する

このセクションでは、プロジェクトをセットアップします。

  1. [Unreal Project Browser] ウィンドウから 新規プロジェクト を作成し、Blueprint Third Person テンプレートを使用します。

    MatineeHowTo.jpg

  2. [Include starter content (スターター コンテンツを含める) ] を必ず有効にしてください。

  3. プロジェクトに名前を付けます。

  4. 上記をそれぞれ定義して、 [Create Project] をクリックして新規プロジェクトを作成します。

マチネ、カメラ、プロップを追加する

この手順では、Matinee アクタカメラ、およびショットの対象となるプロップを追加します。

  1. ツールバー メニューから [マチネ] を選択し、[Add Matinee (マチネ追加)] ボタンをクリックします。

    MHT1_AddMatinee.png

  2. マチネ の undo 警告メッセージが表示されたら、[Continue] ボタンをクリックします。

    MHT1_MatineeWarning.png

  3. [マチネ エディタ] ウィンドウが開きます。

    クリックしてフルサイズで表示

  4. [マチネ] ウィンドウを最小化します。次に [Basic] タブの [モード] メニューから カメラ をビューポートにドラッグ&ドロップします。

    MHT_3_Drag_In_Camera.jpg

    上の画像のように カメラ をテンプレート テキストの左側の任意の場所に配置するようにしてください。

  5. 2 つ以上の カメラ をビューポートに配置し、以下の画像のように内側に回転させてボックスを向くようにします。

    MHT3_All_CamerasPlaced.jpg

    カメラ を選択し、E キーを押すことでカメラを回転させ、次にウィジェットを使用して向きを合わせることができます。

  6. コンテンツ ブラウザ「Game/Props」 フォルダから SM_Chair を探し、それをビューポートのボックスに ドラッグ&ドロップ します。

    MHT3_Drag_In_Chair.jpg

  7. 椅子を選択したままの状態で、E を押して Rotation Mode に入り、以下のように椅子を 140.00 回転させます。

    MHT3_ChairRotated.png

マチネでカメラ シーケンスを作成する

この手順では、各 カメラ に動きを割り当てそれを マチネ に接続します。

  1. [マチネ] ウィンドウを開きます (閉じた場合は、Matinee を選択し、[Details ] パネルで Open Matinee を選択すると再び開きます)。

    MHT3_OpenMatinee.png

  2. ビューポートに配置された第 1 の カメラ を選択した状態で、[Tracks] ウィンドウで 右クリック し、メニューから [Add New Camera Group] を選択します。

    MHT3_AddCameraToMatinee.png

  3. 表示された Name Camera Group ボックスで、カメラに Camera1 と名前を付け、Enter を押してトラックへの追加を完了します。

    MHT3_Camera1Added.png

  4. 上記のプロセスを繰り返し、残りの 2 つのカメラをマチネに追加します。

    MHT3_AllCamerasInMatinee.png

  5. 次にマチネの長さを延ばします。これは、Control を押しながら赤いマーカを 15.00 目盛 (黄色 X) までドラッグして行います。

    MHT3_Increase_MatineeTime.jpg

  6. Camera1Movement トラック上の 0.00 の第 1 のキーフレームをクリックすると、そのカメラがビューポートで選択されます。

    MHT3_Camera1KeySelected.png

  7. ビューポート でウィジェットを使用して、カメラを上方に移動し、若干下方に向けます (E を押して Rotation モードに入ります)。

    MHT3_Camera1Moved.png

    テンプレート テキストを横切るようにカメラをパンします。そのため、テキストを見るようにカメラのアングルを決めます。

  8. [Matinee] ウィンドウに戻り、Camera1 の Movement トラックの タイムバー を 5.00 の目盛に移動し、Enter を押して新規キーフレームを追加します。

    MHT3_Camera1Key2.png

  9. 2 つめのキーフレームをまだ選択した状態でエディタのビューポートに戻り、Translation (平行移動) ウィジェットの の矢印をつかみ、カメラをテキストを通って右に移動させます。

    MHT3_Camera1Done.png

    カメラが移動する軌道を示す黄色の点線も表示されます。

  10. [Matinee] ウィンドウに戻り、Camera2Movement トラックの 1 番めのキーフレームをクリックします。次に、そのキーフレームを 5.00 の目盛まで Control + ドラッグ します。

    MHT3_Camera2Key1.png

  11. Camera2 のキーフレームを選択したままの状態で、エディタのビューポートに戻り、カメラをボックス (椅子がのっている) に向かって移動させ、そのビューがボックスでいっぱいになるようにします。

    MHT3_Camera2StartPosition.png

  12. [Matinee] ウィンドウに戻り、Camera2 の Movement トラックの タイムバーを 7.50 の目盛まで移動し、Enter を押して新規キーフレームを追加します。

    MHT3_Camera2Key2.png

  13. この新規キーフレームをまだ選択した状態でエディタのビューポートに戻り、平行移動 ウィジェットの 青色 の矢印をつかみ、カメラを上方に移動させて椅子を見るようにします。

    MHT3_Camera2Finished.png

  14. [Matinee] ウィンドウに戻り、Camera3 の Movement トラックの 0.00 のキーフレームを 7.50 の目盛に移動します。

    MHT3_Camera3Key1.png

  15. Camera3 のキーフレームを選択したままの状態で、エディタのビューポートに戻り、カメラを上方に移動させ、椅子の上を少しホバリングするようにします。

    MHT3_Camera3Starting.png

  16. [Matinee] ウィンドウに戻り、タイムバー11.00 の目盛に移動し、Enter を押して新規キーフレームを追加します。

    MHT3_Camera3FinalKey.png

  17. 新規キーフレームを選択したままの状態で、エディタのビューポートに戻り、椅子を表示するためにウィジェットを使用してカメラを元に戻します。

    MHT3_Camera3FinalShot.png

  18. [Matinee] ウィンドウに戻り、Camera1 の Movement トラックを選択し、タイムバー11.00 の目盛に移動し、Enter を押して新規キーフレームを追加します。

    MHT3_Camera1LastKey1.png

  19. 新規キーフレームを選択したままの状態で、エディタのビューポートに戻り、 [Viewport Options] ボタンをクリックします。次に、Lock Viewport to Actor を選択し、Selected Actor (自分のカメラ) を選択します。

    MHT3_LockingViewport.png

  20. Lock Icon (鍵のアイコン) が画面の左上隅にある以下のようなビューになるはずです。

    MHT3_CameraIsLocked.png

    これでビューポートがカメラにロックされました。これは正確なアングルにしたり、ショットがどのようになるかを把握するために役立ちます。

  21. W, A, S, D を使用して、椅子を見下ろす高い位置にカメラを飛ばします。

    MHT3_Camera3InPosition.png

  22. [Viewport Options] ウィンドウに戻り、上記でロックしたのと同じようにカメラを Unlock します。

    MHT3_UnlockCamera.png

  23. [Matinee] ウィンドウに戻り、タイムバー15.00 の目盛に移動し、Camera1Movement トラックにキーフレームを追加します。

    MHT3_LastCameraKey.png

  24. 新規キーフレームを選択したままの状態で、エディタのビューポートに戻り、 (平行移動 ウィジェットを使用または ビューポートをロック して) カメラを以下に示した場所に移動します。

    MHT3_CamerasDone.png

Director Track でカメラカットを作成する

この手順では、Director Track (ディレクター トラック) を追加します。これはすべてのカメラカットを処理します。

  1. [マチネ] ウィンドウを開きます (閉じた場合は、Matinee を選択し、[Details ] パネルで Open Matinee を選択すると再び開きます)。

    MHT3_OpenMatinee.png

  2. Camera3 で、[Tracks] ウィンドウの空のスペースで 右クリック し、コンテキストメニューから [Add New Director Group (新規ディレクターグループを追加)] を選択します。

    MHT3_AddDirectorGroup.png

  3. Time Bar0.00 になければそこまで戻すように動かし、Director トラック上でクリックし、Enter を押してキーフレームを追加します。

  4. Cut To Group ポップアップ ウィンドウが表示されます。先に進み、Ok をクリックし Camera1 によるキーフレームの追加を終了します。

    MHT3_FirstCutAdded.png

    Camera1 のバーが追加されます。このバーには、15 秒のシーケンスで Camera1 が使用されることが示されます。これは、他のカメラを含めるように変更します。

  5. タイムバー5.007.50、および 11.00 に移動し、各位置にキーフレームを追加し、それぞれ Camera2Camera3 にカットし、Camera1 に戻ります (以下、参照)。

    画像をクリックしてフルサイズで表示

  6. [マチネ] ウィンドウを閉じます。次に ワールド アウトライナー で、マチネ を選択し、[詳細] パネルで以下のオプションをチェックします。すなわち、Play on Level LoadLoopingDisable Movement InputDisable Look at Input、および Hide Player のオプションをチェックします。

    MHT3_CutToGroup.png MHT3_MatineeActorSettings.png

  7. メイン ツールバーから Build をクリックし (レベルでライティングをビルドするオプション)、次に Play ボタンをクリックします。

    MHT3_BuildAndPlay.png

  8. これでレベルがロードすると開始し、3 つの異なるカメラを循環する マチネ シーケンスができました。