Language:
Page Info
Tags:
Skill Level:
Engine Version:

ナイアガラを使ってスプライト ベースのエフェクトを作る

Prerequisite Topics

This page assumes you have prior knowledge of the following topics. Please read them before proceeding.

使用頻度が高い視覚効果テクニックとして、スプライトという 2D カメラに正対する平面にテクスチャとマテリアルをレンダリングするというものがあります。この操作ガイドでは、ナイアガラエミッタをセットアップして、スプライトで機能するようにし、エフェクトをレベルに配置したら正しく動作し、表示されるようにします。

Sprite_Banner_01.png

事前準備: この操作ガイドでは、スターター コンテンツ にある M_smoke_subUV マテリアルを使用します。まだ行っていない場合は、このマテリアルまたはスターター コンテンツをプロジェクトに追加するようにします。

ステップ

  1. まず、ナイアガラエミッタ を作成する必要があります。これを行うには、コンテンツ ブラウザ で右クリックして、表示されるメニューから、 [FX] に進み、[Niagara Emitter] をクリックします。 SE_01.png

  2. 新規作成したナイアガラエミッタに FX_Smoke という名前を付けて、その上でダブルクリックして開きます。 SE_02.png

  3. Niagara Editor を開いた状態で、[Selected Emitter] パネルに進み、[Render] セクションを探します。

  4. Sprite Rendering セクションを展開し、以下のプロパティを以下のオプションで設定します。 CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step4-SpriteRender.png

    プロパティ名

    Material

    M_smoke_subUV

    Sub Image Size

    X:8, Y:8

    Sub UV Blending Enabled

    Checked

  5. [Emitter Update] セクションで、[Spawn Rate] セクションを展開します。

  6. [Spawn Rate] を値 50 に設定します。 CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step6-EmitterUpdate.png

  7. 次に、[Particle Spawn] セクションに進み、[Add Velocity] セクションを展開します。

  8. [Minimum][Maximum] を以下のように設定します。 CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step8-AddVelocityMinMax.png

    プロパティ名

    Minimum

    0,0,50

    Maximum

    0,0,200

  9. [Sphere Location] セクションに移動します。

  10. [Sphere Radius]64 に設定します。次に、 小さな白い三角を押してオプションをさらに展開し、[Surface Only] が有効になっていることを確認します。 CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step10-SphereRadius.png

  11. [Set Variables] セクションに移動します。

  12. [Particles.Lifetime] を展開して、*[Minimum]** と **[Maximum]** フィールドを表示します。

  13. [Minimum] 値 と [Maximum] 値を以下のように設定します。 CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step13-ParticlesLifetimeMinMax.png

    プロパティ名

    Minimum

    2.0

    Maximum

    3.0

  14. Particles.Sprit Size を展開して、*[Minimum]** と **[Maximum]** フィールドを表示します。

  15. [Minimum] 値 と [Maximum] 値を以下のように設定します。

    CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step15-ParticlesSpriteSizeMinMax.png

    プロパティ名

    Minimum

    X: 200.0, Y: 200.0

    Maximum

    X: 700.0, Y: 700.0

  16. [Particle Update] セクション下部にある プラス 記号のアイコンを押して、新しいモジュールをリストに追加します。表示されるリストから [Set Particles.SubImageIndex] オプションを選択します。Particles.SubImageIndex に Set Variables セクションが追加されます。

  17. [Set Particles.SubImageIndex] セクションで、[SubImagIndex] オプションの隣にある小さな白い三角を押します。表示されるリストから [Dynamic Inputs > Float From Curve] オプションを選択します。 CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step19-ParticlesSubImageIndexFloatCurve.png

  18. Curve の入力ウィンドウから最初のキーを選び、その TimeValue を両方とも 0 に設定するようにします。 CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step20-FloatCurveFirstKey.png

  19. 次に 2 つめのキーを選び、Time を 1.0 に、Value を 0.64 に設定します。 CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step21-FloatCurveSecondKey.png

  20. 次に [Set Particles.SubImageIndex] セクションの下部で、CurveIndex の隣にある小さなグレイの三角を押して、ドロップダウン リストから、[Link Inputs > Particle Attributes > Normalized Age] オプションを選択します。 CreateSpriteBasedEffect_Steps_Step22-CurveIndexNormalizedAge.png

  21. 次に [Compile][Apply]、および [Save] の各ボタンを押して、変更を適用し、保存してから FX_Smoke エミッターを閉じます。 SE_15.png

  22. コンテンツ ブラウザで右クリックして、表示されるリストから [FX] に進み、[Niagara System] オプションを選択し、[Smoke] の名前を付けます。 SE_16.png

  23. Smoke ナイアガラシステム上でダブルクリックして開きます。開いたら、コンテンツ ブラウザから FX_Smokeタイムライン にドラッグします。 SE_17.png

  24. [Compile] ボタンと [Save] ボタンをクリックして変更を適用して保存し、Smoke ナイアガラシステム を閉じます。コンテンツ ブラウザ で **Smoke**ナイアガラシステムをレベル ビューポートにドラッグします。

最終結果

完了すると、以下の動画のようになります。ナイアガラシステムをレベルに配置するとナイアガラエミッタが再生されます。

Tags