Language:
Page Info
Tags:
Engine Version:

Particle Emitter クラス

ParticleEmitter は ParticleSystem に含まれる単体のパーティクル効果です。ParticleEmitter クラスには、以下のパブリック変数が含まれます。

プロパティ

説明

EmitterName

エミッタ名

Emitter Render Mode

エミッタのパーティクルをレンダリングする際に使用する手法です。

モード

説明

ERM_Normal

目的通りにエミッタのパーティクルを、スプライトやメッシュなどとしてレンダリングします。

ERM_Point

スケーリングなし、Emitter Editor Color を使用して、エミッタのパーティクルを 2x2 ピクセルのブロックサイズでレンダリングします。

ERM_Cross

Emitter Editor Color を使用して、交差線のスケーリングとしてエミッタのパーティクルをレンダリングします。

ERM_None

エミッタのパーティクルはレンダリングされません。

Emitter Editor Color

折り畳み時の ParticleEmitter ブロックおよび Curve Editor とデバッグレンダリングモード時の色です。

InitialAllocationCount

エミッタの初期設定で割り当てられるパーティクル数の値です。ユーザーが宣言します。値が 0 の場合、計算済みのピークの数値が使用されます。(計算値は必要とされる値よりも高い数値となることがあるため、厳密なメモリ制御のためにこのパラメータが用意されています。)

Medium Detail Spawn Rate Scale

エンジンが中または低詳細モードで実行中に、エミッタのスポーン率を縮小する値です。スプリットスクリーンモードで、パーティクルの描画コストを最適化する際に使用出来ます。値が 0 の場合、高詳細モードが適用されていない時にエミッタを効率よく無効化します。値が 0 でない限り、Spawn Per Unit に影響を与えません。

Collapsed

True の場合、ParticleEmitter は Cascade の Emitter List で折り畳まれて表示されます。ParticleEmitter ブロックを ダブルクリックするとトグルされるプロパティです。

Tags