Language:
Page Info
Skill Level:
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

2.必要なアセットの作成と設定

このセクションでは、ブループリントおよびレンダー ターゲットでテクスチャを作成できるように、必要なアセットの作成と設定方法を説明します。

レンダー ターゲットの作成と設定

UE4 コンテンツ ブラウザで レンダー ターゲット を作成するには、以下の操作を行います。

  1. UE4 エディタを開いて コンテンツ ブラウザ 内を右クリックします。表示されたメニュから [Create Advanced Asset (詳細アセットを作成)] を探します。

    Create_RTT_01.png

  2. [Create Advanced Asset (詳細アセットの作成)] メニューから [Materials & Textures (マテリアルとテクスチャ)] セクションを選び、表示されたアセット リストから [Render Target] オプションを選択します。

    Create_RTT_02.png

  3. 新規作成したレンダー ターゲットに「RT_00」と名前を付けます。コンテンツ ブラウザは以下のようになるはずです。

    Create_RTT_03.png

マテリアルの作成と設定

UE4 コンテンツ ブラウザで レンダー ターゲット を作成するには、UE4 のコンテンツ ブラウザで以下の操作を行います。

  1. コンテンツ ブラウザを右クリックして [Create Basic Asset (基本アセットを作成)] セクションから [Material] オプションから新規マテリアルを作成します。

    Create_RTT_Material_01.png

  2. マテリアルに「RT_Material_00」と名前を付けて、マテリアル エディタ で開きます。

    Create_RTT_Material_02.png

  3. RT_Material_00 を開いた状態で、次の マテリアル式 ノードを マテリアルグラフ に追加します。

    • Texture Coordinate

    • Constant

    • Append

    • Noise

    Create_RTT_Material_03.png

  4. 必要なマテリアル表現式ノードをマテリアル グラフに追加して、マテリアルのコンパイルが完了したら [Apply (適用)] ボタンを押してノードを接続します。すると、以下の画像のようになります。

    Create_RTT_Material_05.png

必要なアセットの設定はこれで完了です。次のセクションで、すべてまとめて動かすための設定を説明します。