Language:
Page Info
Engine Version:

Pixel Inspector ツール

PixelInspector.png

Pixel Inspector ツールは、シーンの色を構成するピクセルを診断できる Developer Tool です。 想定と異なる色の原因となっているピクセル、あるいはピクセルの色を操作しているマテリアル入力がどれか知りたい場合、Pixel Inspector の Inspect Mode を使って、そのピクセルを表示結果の詳細を出力できます。

Pixel Inspector の使用方法

Pixel Inspector の使用手順は以下の通りです。

  1. メイン エディタ ウィンドウの [ウィンドウ] メニュー オプションの [デベロッパーツール][Pixel Inspector] を選択します。

    EnablePixelInspector.png

    [Pixel Inspector] ウィンドウが開きます。

    PixelInspectorWindow.png

  2. 検索 (虫眼鏡) の ボタンをクリックするとピクセル調査が始まります。

  3. ビューポート (レベル、マテリアル、ブループリントなど) にマウスオーバーすると、[Pixel Inspector] のデータ フィールドがリアルタイムで表示されます。

    Inspecting.png

  4. Escape キーを押して調査を停止すると、Pixel Inspector データ フィールドには最後に分析されたピクセルが入力されます。

Pixel Inspector Data のリファレンス

調査中に入力されるピクセル データは以下の通りです。

オプション

説明

Viewport ID

Pixel Inspector の描画元の ID を表示します。

Coordinate

現在の調査している X/Y 座標を表示します (マニュアル設定も可能)。

Final Color

コンテキストカラー

現在の調査に関連するコンテキスト カラーを表示します。

Final Color

トーン マッピング後の最終的な RGBA 8 ビット カラー (デフォルト値は黒) です。

Scene Color

Scene Color

現在の調査によって適用される RGB シーン カラーです。

Pre-Exposure

生成されたヒストグラムの輝度範囲の上限領域を定義します。 HDR のライティング値のサポートに必要なレンダー ターゲットを制限して、カメラ露出の SceneColor の範囲をリマップします。

この値を使えるようにするには、プロジェクト設定の、 [Rendering (レンダリング)] > [Apply Pre-Exposure bef re writing to the scene color (シーンカラーに書き込む前に事前露光を適用する)] を有効にしてください。

HDR

Luminance

現在の調査用の HDR Luminance 値です。

HDR Color

適用中の HDR RGB カラー値です。

GBuffer A

Normal

GBufferA チャネルから適用される法線です。

Per Object GBuffer Data

GBufferA チャネルからのオブジェクト データごとの量です。

GBuffer B

Metallic

GBufferB R チャネルから適用されるメタリック値です。

Specular

GBufferB G チャネルから適用されるスペキュラ値です。

Roughness

GBufferB B チャネルから適用されるラフネス値です。

Material Shading Model

Selective Output Mask でエンコードされたGBufferB A チャネルから適用されるシェーディング モデルです。

Selective Output Mask

シェーディング モデルでエンコードされた GBufferB A チャネルから適用される Selective Output Mask 用の値です。

GBuffer C

Base Color

GBufferC RGB チャネルから適用されるベース カラー値です。

Indirect Irradiance

Ambient Occlusion (AO) でエンコードされた GBufferC A Channel から適用される Indirect Irradiance 値です。

Ambient Occlusion

Indirect Irradiance でエンコードした GBufferC A チャネルから適用される AO 値です。

GBuffers の詳細については、 「Using GBuffer Properties (GBufferプロパティの使用)」「Buffer Visualization (Buffer の視覚化)」 を参照してください。

Indirect Irradiance でエンコードした GBufferC A チャネルから適用される AO 値です。

GBuffers の詳細については、 「Using GBuffer Properties (GBufferプロパティの使用)」「Buffer Visualization (Buffer の視覚化)」 を参照してください。

生成されたヒストグラムの輝度範囲の上限領域を定義します。 HDR のライティング値のサポートに必要なレンダー ターゲットを制限して、カメラ露出の SceneColor の範囲をリマップします。

この値を使えるようにするには、プロジェクト設定の、 [Rendering (レンダリング)] > [Apply Pre-Exposure bef re writing to the scene color (シーンカラーに書き込む前に事前露光を適用する)] を有効にしてください。