Language:
Page Info
Skill Level:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

1.キャラクターのセットアップ

このステップでは、プロジェクトの準備をして、Widget Interaction コンポーネントをプレイヤー キャラクターに追加して、3D ウィジェットとインタラクションできるようにします。

この操作ガイドでは スターター コンテンツ を有効にした状態で Blueprint First Person テンプレートを使用します。

ステップ

  1. 「Content/FirstPersonBP/Blueprints」 フォルダ内で FirstPersonCharacter ブループリントを開きます。

  2. Sphere にアタッチされた WidgetInteraction コンポーネントを追加し、[Details (詳細)] パネルで、[Location][Show Debug] をゼロアウトします。

    Keypad01.png

    Widget Interaction コンポーネントは、デバッグマーカーによってインゲームで示されているプレイヤーが銃を向けている方向をポイントするようになります。

  3. グラフ で、Right Mouse Button Event を追加し、Widget Interaction コンポーネントをドラッグします。

  4. Widget Interaction から、両方とも Left Mouse Button に設定されている Press Pointer KeyRelease Pointer Key を追加し、以下のように接続します。

    Keypad02.png

    ウィジェットは、左マウスボタンのクリックまたはタッチ コントロールを介してマウス / タッチのインタラクションに反応し、Press Pointer Key 関数を使ってこれをシミュレートすることができます。この例では、Right Mouse Button を使って左マウスボタンのクリックをシミュレートします。ただし、ゲームパッド ボタンの押下または、Motion Controller Trigger を押して、Press Pointer Key 関数を発行することができます。

  5. コンテンツ ブラウザ で、Actor および 2 つの Widget ブループリント に基づき 2 つの Class ブループリント を作成します。

    Keypad03.png

    この 2 つの Actor ブループリントに対してひとつの Keypad (キーパッドのエントリを表すため) を呼び出し、もうひとつの KeypadDisplay (キーパッドから入力した値を表すため) を呼び出します。 この Widget ブループリントに対しては、Actor ブループリントと同じ名前を使ってください。ただし、区別するために、WB という接尾辞を (Widget ブループリント) に付けてください。

最終結果

プロジェクトの用意ができて、キャラクターがワールドのウィジェットとインタラクションすることができます。次に、インタラクティブなウィジェットをセットアップします。