Language:
Page Info

5.レベル完了のスクリプト処理

襲いかかってくるロボットとの戦いが終了し、レベルが完了したら、プレイヤーをハブに戻らせ、通常のゲーム フローを継続させます。

  1. レベル エディタのツールバーで [Blueprints] ボタンをクリックします。次に、[Open Level Blueprint] を選択し、ブループリント エディタで現在のレベルのスクリプトを開きます。

    level_blueprint.png

  2. レベル エディタのビューポートで、以前配置した Odin AI Wave Manager アクタを選択します。ブループリント エディタに戻り、イベントグラフで右クリックして Add On Wave Completed を選択します。

    wave_complete.png

  3. exec 出力からドラッグして [Delay] を選択します。[Duration]5.0 に設定します。これでレベル完了後にプレイヤーがハブに戻るまで短時間の余裕ができます。

    delay.png

  4. イベントグラフで右クリックして、Get Game Mode を選択して現在の Game Mode インスタンスへの参照を取得します。Return Value ピンを引き出して、Cast to BP_OdinGameMode を選択します。Delay event の exec 出力を Cast to BP_OdinGameMode ノードの exec 入力に接続します。

    game_mode.png

  5. As BP Odin Game Mode ピンからドラッグして、Bind Event to onBeginLoadingSequenceDone を選択します。この event 入力からドラッグして Add Custom Event を選択します。イベントに ReturnToHub と名前を付けます。

    loading_event.png

  6. exec 出力からドラッグして [Begin Loading Sequence] を選択して、画面のロードを開始します。Target 入力をキャスト ノードから As BP Odin Game Mode 出力に接続します。

    begin_loading.png

  7. キャスト ノードの As BP Odin Game Mode 出力からドラッグして、 Get Main Pawn を選択して、プレイヤーへの参照を取得します。Main Pawn からドラッグして、 Get Controller を選択して、プレイヤーのコントローラーへの参照を取得します。Return Value からドラッグして、Cast to Player Controller を選択して、人間が制御するプレイヤーのコントローラーであることを確認します。これは、コンソール コマンドを実行するために必要です。

    controller.png

  8. ReturnToHub event の exec 出力からドラッグして [execute Console Command] を選択します。Command プロパティで open hub_env と入力します。これで、ハブ レベルを開くようにコマンドを送信します。Specific Player 入力をキャスト ノードの As Player Controller 出力に接続します。

    Copy Example

    console_command.png

    画像の左上隅のアイコンをクリックしてこのブループリント グラフをコピーしてプロジェクトにコピーします。

結果

戦いが完了したら、ローディング シーケンスが開始し、プレイヤーはハブに移動します。

fade.png