Language:
Page Info
Tags:
Skill Level:
Engine Version:

Oculus Rift ガーディアン システムのアクティベーションを探知する

HTGuardian_Hero_Image.png

Oculus Guardian システムは、VR インタラクション エリアの境界をユーザーに表示します。トラックされたデバイスが境界に近づくと、Oculus Runtime が自動的に視覚的なヒントを出してユーザーに知らせます。この操作ガイドでは、デバイスの 1 つがインタラクション エリアに接近またはエリア外に出たことをユーザーに知らせる視覚的ヒントとインタラクションの表示方法を説明します。

ガーディアン システムを使用するためには Oculus App による設定が必要です。設定方法の詳細は、Oculus ガーディアン システム 設定ページをご覧ください。

UE4 からガーディアン システムを無効にすることは できません。また推奨もしません。ただし、ユーザーの境界への接近に対する UE4 の反応はいろいろ変えることができます。

ステップ

  1. Oculus Rift Boundary を表示するには、まずユーザーのデバイスが範囲に近づくタイミングを知る必要があります。Is Outer Boundary Displayed ノードで行うことができますが、ティックごとに確認しなければなりません。UE4 で行うこともできます。まず、以下のノードをイベントグラフに追加します。

    ノード名

    Event Tick

    N/A

    Branch

    N/A

    Is Outer Boundary Displayed

    N/A

    Oculus Rift Boundary

    N/A

  2. Is Outer Boundary Displayed ノードがユーザーのデバイスが境界に接近した時だけ呼び出され、それ以外は何も起きないように、イベントグラフを以下の画像と同じになるように接続します。

    クリックしてフルサイズで表示

  3. 次に、ユーザーが Oculus App で設定した境界だけでなく、これらの境界内にフィットする四角いインタラクション エリアも表示されるようにします。まず Get Play Area Points ノードを使って、プレイ エリア内のすべてのポイントを調べます。そして、四角いインタラクション エリアの大きさを判断するために、For Loop を使って各ポイントを調べます。各ポイントで点を描画し、それらを線でつなげてユーザーにこの情報を表示します。イベントグラフを以下の画像と同じになるように接続します。

    画像をクリックしてブループリント コードをコピー

  4. For Loop が Branch ノードの True 出力に接続されていることを確認してください。ブループリントを必ずコンパイルおよび保存してください。こちらが完成したブループリントのイベントグラフです。

    クリックしてフルサイズで表示

最終結果

では Oculus Rift HMD を装着してタッチ コントローラーを持って、VR Review でプロジェクトを起動してみましょう。プロジェクトが起動したら、いずれかのタッチ コントローラーをガーディアン境界に向けてゆっくり動かします。以下の動画のように、ガーディアン境界が表示されると、四角いインタラクション エリアも表示されるようになります。

UE4 プロジェクトのダウンロード

以下のリンクから、このサンプルの作成に使われた UE4 プロジェクトをダウンロードすることができます。

Tags