Language:
Page Info
Tags:
Skill Level:
Engine Version:

Oculus Rift 用 スプラッシュスクリーンの使用方法

HTSplashScreen_Hero_Image.png

UE4 VR プロジェクトのレベルを変更すると、大量のデータがやりとりされるため、どうしてもユーザーにフレームレートの違和感を与えてしまいます。新しいレベルのロード時に発生するこの問題を目立たないようにするために、スプラッシュスクリーンあるいはムービーをユーザーに表示することができます。以下の操作ガイドでは、UE4 プロジェクトでスプラッシュスクリーンを設定および呼び出す方法について説明します。

ステップ

  • この操作ガイドを進めるために、zip ファイル Oculus Splash Screen Source Files の中にある 2 つのファイルをダウンロード、解凍、インポートする必要があります。

  1. VRPawn から Event Graph を開きます。Event Graph の中を右クリックして、以下の Blueprint ノードを検索および追加します。

    • Event Begin Play

    • Set Tracking Origin

    • Enable Auto Loading Splash Screen

    • Add Loading Splash Screen

    • Hide Splash Screen

    クリックしてフルサイズで表示

  2. スプラッシュスクリーンをレベルのロードの都度呼び出したいので、まずスプラッシュスクリーンの自動ロード処理を確認してから、スプラッシュスクリーンとして使用したいものを設定します。最後に、後で必要な時に呼び出せるようにスプラッシュスクリーンを非表示にします。以下の画像に合わせて VRPawn イベントグラフのノードを設定します。

    クリックしてフルサイズで表示

    Enable Auto Loading Splash ScreenAuto Show Enabled プロパティに必ずチェックを入れて、レベルがロードされるとスプラッシュスクリーンが自動的に呼び出されるようにします。

  3. Add Loading Splash Screen ノードには、ノードが呼び出されるとテクスチャまたは動画の表示を調整する Texture 入力があります。T_UE4_Logo_00 または選択したテクスチャになるようにテクスチャを設定します。

    クリックしてフルサイズで表示

    テクスチャがスプラッシュスクリーンに使われるように選択する場合、テクスチャ圧縮設定を UserInterface2D にして、さらに [Never Stream] オプションを有効にして、スプラッシュスクリーンの最高品質バージョンになっていることを確認するのが最善の方法です。

  4. 以下の 3 つのノードを VRPawn イベントグラフに接続して、スプラッシュスクリーンの表示 / 非表示を可能にします。完了すると、設定はこのようになります。

    • Motion Controller (L)Trigger

    • Show Loading Splash Screen

    • Hide Loading Splash Screen

    クリックしてフルサイズで表示

    この方法でスプラッシュスクリーンを表示できる一方で、レベルのロード時にロード完了までスプラッシュスクリーンが表示されるようにこの機能をレベル ブループリントに追加しておくと便利です。

  5. これが完了すると VRPawn ブループリントが以下の画像のようになります。HMD を装着してタッチコントローラを手に持ち、VR インタラクション エリアの中央に立ちます。

    クリックしてフルサイズで表示

最終結果

タッチコントローラーの左トリガーをつかむとシーンが黒くなり、UE4 ロゴのテクスチャもしくは選択した画像が表示されます。タッチコントローラーの左トリガーを離すと以下の動画のように画面にレベルが戻ります。

UE4 プロジェクトのダウンロード

以下のリンクから、このサンプルの作成に使われた UE4 プロジェクトをダウンロードすることができます。

Tags