Language:
Page Info
Engine Version:

4.応用編

ここまでで学んだ知識を活かして、以下の操作をしてみましょう。

  • クレーンまたはドリーのショットを作成するために動くアクタにカメラをアタッチします。

  • CameraOne と CameraTwo ではなく 配列 変数を 1 つだけ使ってカメラを保存すれば、2 以外の数字をカメラの台数に使うことができます。

  • カメラの保存には、アクタ ポインタを使わずに、ポインタとビューの変更前の時間を保持する 構造体 を作成し、新しいビューに対して時間をブレンドします。

以下はこのチュートリアルの内容の詳しい情報のリンク先です。