Language:
Page Info
Tags:
Skill Level:
Engine Version:

Pose アセットを作成する

これまで、単一フレームのアニメーションをある程度の時間のアニメーション シーケンスから抽出することはできましたが、ブレンドは各自で設定していました。 こうしたやり方は、FACS (Facial Action Coding System) または viseme (口形素) カーブがポーズを操作する、フェイシャル アニメーションをサポートするために実装された Pose アセット を使用することで変わりました。 このシステムを使って、複数のポーズをブレンドすることで新しいアニメーションを作成することができます。Pose アセットは、ボーン トランスフォームとブレンド シェイプをサポートしており、非常に柔軟性のあるアセットです。

この操作ガイドでは、Pose アセット の作成方法について説明します。

ステップ

  1. 単一アニメーションから一連の Pose アセットを作成するには、コンテンツ ブラウザから [Animation Sequence] を右クリックし、そこから Pose アセット を作成します。

    PoseAsset1.png

  1. ポーズ アセットを作成したら、デフォルトで名前が自動生成されます。各ポーズの名前を変更したり、クリップボードから貼り付けることができます。

    PoseAsset3.png

  2. 次に [FacePose] パネルでウェイトを変更することで、各ポーズのエフェクトを確認します。

    PoseAsset4.png

結果

これで、アニメーションで使用する新しい Pose アセット ができました。

プレビューするには、Preview Post Asset がこの Pose Asset に設定されるようにして、Pose Asset データを必要とするアニメーションに Variable Curve を追加します。

PoseAsset5.png

変数のカーブにキーフレームを追加してポーズのウェイトの値を操作し、アニメーションに影響を与えることができます。

これらが実行時に機能するようにするためには、Anim ブループリントに PoseAsset ノードを含める必要があります。

PoseAsset6.png

アニメーション エディタPose Asset を作成できることも覚えておいてください。Create Asset -> Create PoseAsset -> From Current Pose または Animation オプションの順序で選択します。

PoseAsset2.png