Language:
Page Info
Tags:

ブループリントの用語集

クイック移動: A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

B

Blueprint (ブループリント)

ビジュアルスクリプティングシステム全体を指す一般的な用語、または新規のクラスや アクタ のタイプを定義する標準的な ブループリント クラス。

C

Custom Event

イベントグラフのノード経由で実行が可能な ブループリント エディタ で定義された イベント

E

Event (イベント)

戻り値が無く、出力 パラメータを持たないコードで定義される実行メソッド。イベントは実行の開始ポイントであるため、出力実行ピンのみを持ちます。これらはネイティブコードから実行されます。カスタム イベント も参照してください。

F

Function (関数)

少なくともひとつの 出力 パラメータまたは戻り値を持つコード、もしくは ブループリント エディタ のどちらかを通じて定義する実行メソッド。関数は 純粋関数 または 非純粋関数 のどちらかになります。

Function Call (関数の呼び出し)

関数 を実行するためにイベントグラフに配置することができるノード。

I

Impure Function (非純粋関数)

ステートまたはクラスのメンバーを自由に修正出来る関数。詳細は 純粋 vs 非純粋 セクションを参照してください。

P

Private Variable (プライベート変数)

変数は クラスのデフォルト のみで編集が可能で、 コンストラクション スクリプト が実行される度にデフォルト値をリセットします。プライベート変数は ブループリント 内のステートの追跡に使用することが出来ます。

Public Variable (パブリック変数)

ブループリント の各インスタンスで個別に編集が出来る変数ですが、ブループリント のグラフ内で定数として捉えられます。デザイナーは、パブリック変数を使用して、見た目やインスタンス毎に ブループリント の動作を微調整することが出来ます。

Pure Function (純粋関数)

この関数はステートやクラスのメンバーを一切変更しません。詳細は 純粋 vs 非純粋 セクションを参照してください。

Tags