Language:
Page Info
Tags:
Skill Level:
Engine Version:

1 - Composure レベル シーケンスのセットアップ

前のセクションでは、Composure が動作するために必要なレベル シーケンスを作成しました。次のセクションでは、レベル シーケンスをセットアップして、再生時に Composure で機能するようにします。

ステップ

  1. まず [Sequencer] タブで緑の[+Track] ボタンを押して、表示されるリストから Camera Cut を選択して新規 Camera Cut トラックを追加します。

    ComposureQS_S4_1.png

  2. ワールド アウトライナー で、Cine Camera Actor を選択します。それをワールド アウトライナーからシーケンサー ウィンドウにドラッグしてタイムラインに追加します。

    クリックしてフルサイズで表示

    任意のコンテンツを次のステップで追加する場合は、タイムラインがフレーム 1098 にあることを確認します。そうでなければ、正しく対応しません。

  3. Camera Cut トラックで、 [+Camera] ボタンを押して、シーケンサーに追加した Cine Camera Actor を選択します。

    ComposureQS_S4_3.png

  4. 次に、以下のブループリントをシーケンサーに追加します。これを行うには、Cine Camera Actor と同じようにワールド アウトライナーでブループリントを選択し、シーケンサー トラックにドラッグします。完了するとトラック ビューは以下の画像のようになります。

    • BP_AdvancedCompositingSkeletalMesh

    • BP_AdvancedCompositing Blueprints

    ComposureQS_S4_4.png

  5. トラック リストの BP_AdvancedCompositingSkeletalMesh Blueprint で、[Animation] セクションの隣にある [Plus] 記号を押します。表示されるリストから mocap_patio_walk アニメーションを選択します。

    ComposureQS_S4_5.png

  6. タイムラインが 1098 にあることを確認し、BP_AdvancedCompositingSkeletalMesh の [Transform] セクションで、[Location][Rotation] を以下の値に設定します。

    • Location: -20, -140, 0

    • Rotation: 0, 0, 5

    クリックしてフルサイズで表示

  7. 次に Track リストで[CineCameraActor1] 上で右クリックして、メニューから [Import] オプションを選択します。表示されるウィンドウからクイックスタートの最初のセクションでダウンロードした shot0030_camera_export.fbx ファイルに移動し、[Open] ボタンを押してインポートします。

    ComposureQS_S4_7.png

  8. Camera Cut トラックで Camera アイコンをクリックしてカメラを通して見るようにします。次に、タイムラインをスクラブしてカメラとマネキンが互いの動きに関連して動くのを見ます。

  9. 以下の Composure 固有の入力を追加する必要があります。これを行うには、BP_AdvancedCompositing ブループリントの右側にある Plus アイコンをクリックし、以下のアイテムをリストから選択します。

    • Input 0

    • Input 1

    • Distortion Displacement Map

      Distortion Displacement Map トラックは、画像シーケンスを追加後に空に見えますが、これは Image Plate アセットのフレーム レートが 0 であるためです。

    • Overscan Sensor Width

    • Overscan Sensor Height

    • Compositing Mode

    • Shadow Color Grading > Gain

    クリックしてフルサイズで表示

  10. 必要な Composure トラックを追加した状態で、タイムラインでフレーム 1098 に設定するようにします。次に各トラックの隣にある Plus 記号を押して以下のデータを入力し、そのデータを選択するか、番号の入力場所に番号を入力します。

    • Input 0 shot0030_background

    • Input 1 shot0030_matte

    • Distortion Displacement Map shot0030_distortion

    • Overscan Sensor Width 37.795

    • Overscan Sensor Height 21.238

    • Compositing Mode Shadow + Occlusion

    • Shadow Color Grading > Gain X: -0.28, Y: -0.35 Z: -0.25

    クリックしてフルサイズで表示

最終結果

シーケンサーと Composure を合わせて使用するようにセットアップしました。次のセクションでは、必要な Game Mode と Level ブループリントのロジックをセットアップし、プレイ ボタンまたはシミュレートボタンを押したときに機能するようにします。

Tags