Language:
Page Info
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

キューブマップをエクスポートする

本ページでは、 NVIDIA のテクスチャツール プラグインを使用して、 Photoshop からキューブマップをエクスポートする方法を説明します。

キューブマップのエクスポート (Photoshop)

Photoshop で一連の画像のレイアウトが整うと、キューブマップとして使用する準備が完了です。次にエクスポートを行います。この例では、 Photoshop CS6 に対して NVIDIA のテクスチャツール プラグインを使用します。

このプラグインをまだインストールしていない場合、 こちら から取得出来ます。

  1. 最初に、キューブマップ用のテクスチャは単一のドキュメントに揃っていること、そして全てが同サイズであることを確認します。サイズは 2 のべき乗でなくてはいけません。フレームが こちら で説明されている通りに回転するようにしてください。

    ExportCubemap.png

  2. [ファイル] メニューで [Save As (名前を付けて保存)] を選択します。

    PhotoshopSaveAs.png

  3. [名前をつけて保存] ウィンドウで、 D3D/DDS (.DDS; .DDS) を選択してファイルに名前を付けます。

    PhotoshopSaveAsDialog.png

  4. [NVIDIA dds Format] ウィンドウで、上部のコンボボックスから 8.8.8.8 ARGB 32 bpp | unsigned を選択します。コンボボックスの下部を Cube Map に設定します。[MIP Map Generation] グループを、 No MIP maps に設定します。

    PhotoshopDDSDialog.png

  5. [Save (保存)] をクリックします。

使用画像は、 Paul Debevec 氏のウェブサイト http://www.pauldebevec.com のプローブ光からのものです。