Language:
Page Info
Engine Version:

エディタのスクリプティングと自動化

Unreal Editor のユーザーインターフェースからは、プロジェクトの設定、レベルの設計と構築、ゲームプレイのインタラクションの作成など、さまざまなビジュアル ツールにアクセスすることができます。ただ、一度エディタ上で行うべき操作は何かがわかったら、再利用可能なスクリプトで、プログラム的にツールとコマンドを呼び出したいと思うかもしれません。

これは、次のようなときに役立ちます。

  • 一連の同じタスクを何度も繰り返す必要があり、その手間を最小限にするか、なくしたい場合

  • レベルにあるアクタの配置、レイアウト、設定を自動化またはランダム化したいとき

  • 独自のアセット インポートやパイプライン管理 を作成したいとき

  • 他のサードパーティのアプリケーションやパイプライン スクリプトと、相互運用をしたいとき

  • プロジェクトやコンテンツのニーズに合わせてカスタマイズした追加のツールや UI で、エディタを拡張したいとき

このセクションでは、エディタ スクリプトをブループリントNEW! および Python NEW! を使用して、プロジェクトの作業中に実行する方法を説明します。

Editor Scripting Utilities プラグインのインストール

ブループリント、Python、またはその他言語の使用の有無に関係なく、エディタの自動化を行う予定がある場合は、ほぼ必ず Editor Scripting Utilities プラグインをインストールすることになるでしょう。このプラグインは、エディタで行う一般的操作の大部分をシンプルにしたり、特殊なエッジケースに対応します。そのため、概念的に単純な操作を行うためにエディターの動作の詳細をすべて把握する必要がありません。

プラグインのインストール方法は以下になります。

  1. メインメニューから、 [Editor] > [Plugins] を選択して [Plugins] ウィンドウを開きます。

  2. [Scripting] カテゴリの下で、 [Editor Scripting Utilities] のエントリを探し、 [Enabled] にチェックを入れます。 Editor Scripting Utilities プラグインを有効にする

  3. Python を使用する場合、この時に Python プラグインの [Enabled] にチェックを入れます。詳細は、「Python を使用したエディタのスクリプティング」NEW! を参照してください。

  4. エディタを再起動し、プロジェクトをリロードしてください。