Language:
Page Info
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

ランドスケープ ギズモ

ランドスケープ ギズモ は、指定領域を定義する点においてボリュームと類似した、エディタ限定のアクタです。目的は、そのランドスケープ上の別の位置へコピーしたり、別のランドスケープや高さマップ ジェネレータ (World Machine, Terresculptor,...) で使用するためにエクスポートすることができるように、ランドスケープの領域に対して高さとレイヤーデータを維持することです。

Gizmo ツールの操作方法

Gizmo ツールは以下の方法で利用します。

  1. Sculpt モードで、現在選択しているツールアイコンをクリックして [Sculpting Tools] ドロップダウン メニューを開きます。

    Sculpt Menu

  2. メニューから [Copy/Paste] を選択します。選択したランドスケープ上にギズモ ブラシが赤枠の四角で表示されます。

    Gizmo Outline

ギズモ ブラシを選択すると一時的なギズモ アクタが作成されます。このアクタを操作する変形ツールを使用して、コピーしたいランドスケープの領域を定義することができます。

変形ツールの詳細については、 アクタのトランスフォーム をご覧ください。

[Details (詳細)] パネルで Gizmo アクタのプロパティを修正することも可能です。

Gizmo Properties

プロパティ

説明

Width (幅)

ギズモ アクタの基本となる幅です (アンリアル単位)。赤い線で示されている X 軸です。

Height (高さ)

ギズモ アクタの基本となる高さです (アンリアル単位)。緑の線で示されている Y 軸です。

LengthZ (長さ Z)

ギズモ アクタの基本となる Z の長さです (アンリアル単位)。

MarginZ (マージン Z)

ギズモを選択したリージョン (領域) にフィットさせる場合に使うスペースの Z 値です。最大高さと最小高さを用います。ギズモを選択したリージョンにフィットさせる場合、 LenghZ = (最大高さ - 最小高さ) + 2 * MarginZ となります。

MinRelativeZ (最小相対)

ギズモにおけるデータの最小高さ値です。ギズモの高さ値は、 0.f から 1.f までの範囲に正規化され、 (値 - MinRelativeZ) * × RelativeScaleZ として表示されます。

RelativeScaleZ (相対スケール Z)

ギズモにおけるデータの高さスケールです。

TargetLandscape

ギズモ ツールを使用する現在選択中のランドスケープです。

ギズモへのコピー

ランドスケープの一部をコピーするには、その部分のデータをギズモにコピーしなければなりません。その後に、そのデータを別の場所にペーストできます。

選択したリージョンは以下の操作でコピーします。

  1. Sculpt モードで、 [Region Selection] スカルプト ツールを選びます。

    Region Select

  2. ブラシ ストロークを使ってランドスケープからリージョンを選択します。手順は、法線ペイントの場合と同様です。

    Gizmo Copy

  3. Copy/Paste スカルプト ツールを選びます。

    Copy/Paste

    ギズモがビューポート内に表示されます。

    Gizmo Tool

  4. ギズモの [Tool Settings (ツール設定)] セクションで、その選択対象がデータのコピー時にマスクとして使用されます。

    Use Region As Mask Setting

  5. [Fit Gizmo to Selected Regions (選択領域にギズモを適合させる)] ボタンをクリックすると、ギズモの位置とサイズが決まり、ギズモが選択したリージョンをすべて包囲するようになります。

    Copy Gizmo Data

  6. [Copy Data to Gizmo (データをギズモへコピー)] ボタンをクリックして、ギズモ領域内にあるランドスケープから選択されたリージョンのためのデータを転送します。Ctrl + C キーによっても、これと同じことが実行できます。

    Copied Gizmo Data

ギズモ内にあるエリアをコピーするには、次のようにします。

  1. Region Copy/Paste スカルプト ツールを選びます。ギズモがビューポート内に表示されます。

  2. ギズモをクリックして選択します。変形ウィジェットが表示されます。

    Transform Gizmo

  3. ギズモを移動、回転、スケーリングすることによって、コピーしたいランドスケープの一部を取り囲みます。

    Transformed Gizmo

  4. [Copy Data to Gizmo] ボタンをクリックして、ギズモ領域内にあるランドスケープの部分のデータを転送します。Ctrl + C キーによっても、これと同じことが実行できます。

    Copied Data to Gizmo

ギズモからペーストする

ギズモからデータをペーストすることによって、ランドスケープの一部を、ある場所から他の場所に移すことができます。データを完全にペースト すれば、全く同じ特質を作り出すことができますし、ブラシ ストロークと強度の設定値を使用して新たな場所にペイントすれば、部分的にその特質を移すことも可能です。

ギズモからデータをペーストする前に、まず、ギズモにデータをコピー する必要があります。

ギズモのデータをペーストするには、次のようにします。

  1. データを含んでいるギズモを移動、回転、スケーリングすることによって、データのペースト先となるエリアを取り囲みます。

    Gizmo Paste

    Gizmo Paste

  2. 使用可能なブラシ (円形、パターン、アルファ、ギズモ) のうち 1 つを使用して、データをペーストすることによって、ギズモからデータを「ペイント」します。

    • ギズモ ブラシは、ギズモのデータを完全にペーストするために使用します。Ctrl + V キーを使っても、ギズモのデータを完全にペーストできます。

    • 他のブラシは、現在のブラシサイズと強度を使ってギズモのデータをペイントするのに使用されます。

    Gizmo Paste

    Gizmo Paste

    リージョンが Region Selection ツールで選択されており、なおかつ、 [Use Region as Mask (領域をマスクとして使用)] が有効になっている場合は、ペーストされたデータが、マスクされたリージョンに応じて適用されます。

ギズモデータのインポート / エクスポート

高さマップのデータは、ギズモへインポートすることも、ギズモからエクスポートすることもできます。それには、ランドスケープ エディタ[Gizmo Import/Export (ギズモのインポート/エクスポート)] セクションを使います。

gizmo_importexport.png

データをギズモにインポートするには、次のようにします。

  1. ファイル閲覧ボタン ( import_filebrowse.png) をクリックし、ギズモにインポートする高さマップ ファイル (16 ビットの raw ファイル) を選択します。ファイルと高さマップの大きさが入ります。
    gizmo_import_file.png

    インポートのプロセスには raw ファイル形式が使用されるため、どちらがどのサイズかを正確に決定することはできません。最善の推定がなされますが、手作業でサイズを入れ替えて、高さマップを正しくインポートしなければならない場合があります。

    gizmo_import_file_dimensions.png

  2. レイヤーのウェイト情報もインポートするには、[Add Layer (レイヤーを追加)] ボタン ( import_layeradd.png) をクリックして必要なだけレイヤーを追加します。
    gizmo_import_layerfields.png

  3. 各レイヤーについて、インポートするレイヤー ウェイト マップファイル (8 ビットの raw ファイル) を選択します。ファイルとレイヤー名が入ります。レイヤー名は、デフォルトのファイル名が使用されています。必要に応じてレイヤー名を変更します。個々のレイヤー情報がインポートされてしまわないように、 [No Import (インポートしない)] のチェックボックスを有効にします。

    レイヤー名は、ランドスケープ上に存在するレイヤー名と一致しなければなりません。そうでない場合、インポートは失敗します。

    gizmo_import_layerfile.png

  4. 高さマップおよびレイヤーを選択したら、 [Import to Gizmo (ギズモへインポート)] ボタンをクリックして、ギズモにインポートします。
    サイズが正しくないと、次のように表示される場合があります。

    Import Wrong Dimensions

    正しい結果を得るために、サイズを入れ替えて再インポートします。サイズが正しい場合は、ギズモが正しいデータを表示します。

ギズモのデータをエクスポートするには、次のようにします。

  1. ギズモにデータが入っている状態で (ギズモへのコピー 参照)、[Export Gizmo Data (ギズモのデータをエクスポート)] ボタンをクリックして、ギズモのデータをファイルにエクスポートします。[Gizmo applies to all layers (ギズモをすべてのレイヤーへ適用)] のチェックボックスを有効にすると、レイヤーのウエイトデータをファイルにエクスポートできます。

  2. 高さマップファイルの場所と名前を選択します。
    export_file.jpg

  3. レイヤーをエクスポートする場合は、エクスポートされる各レイヤーの場所とファイル名を選択します。
    export_layerfile.jpg