Language:
Page Info
Engine Version:

Mirror

Mirror ツールは、既存のランドスケープ ハイトマップ ジオメトリを X 軸 / Y 軸に沿ってミラーリングまたは回転させます。

Mirror ツールの使用方法

  1. ランドスケープ ツールの Sculpt モードで Mirror ツールを選びます。

    Mirror Tool

  2. [Operation] ドロップダウンから、ランドスケープに適用したい軸およびミラーリング メソッドを選択します。矢印は、ランドスケープのどちら側をミラーするのかを表しています。

    Mirror_Settings.png

  3. 必要に応じて、ミラー平面に対して Mirror Point 値を調節する、もしくはミラー平面上の矢印を左クリックしてミラーリングする位置にドラッグします。

    選択した [Opetarion] 軸は Mirror Point に使用されます。例えば [Operation] メソッドが "-X to +X" の場合、影響されるアクティブなミラーポイントは X 軸のみになります。

    Mirror_1.png

  4. これで良ければ [Apply] ボタンを押して結果を確認します。

    Mirror_3.png

    ジオメトリをミラーリングしたランドスケープが完成しました。

Smoothing Width

変更を反映させると、ランドスケープのミラーリングでエッジの継ぎ目が不自然または鋭すぎる場合は、CTRL + Z を使って最後の操作をアンドゥすることができます。Smoothing Width を調節すると、 マージされるこれらのエッジ頂点がソフトになります。

Smoothing Width Before

Smoothing Width After

この例では、左の画像はランドスケープのミラーリング後にスムージングを適用していません。一方、右の画像はミラーリングしたエッジを値 10 で滑らかにして、継ぎ目の粗さを減らしています。

ツール設定

Mirror Tool

RegionMirrorToolProperties.png

プロパティ

説明

Mirror Point

ミラー平面の位置を設定します。選択したランドスケープの中央がデフォルトで、通常は変更する必要はありません。

Operation

実行するミラーリング操作の種類です。例えば、[-X to +X] はランドスケープの -X 側をコピーして +X 側にフリップします。

Recenter

ミラー平面を選択したランドスケープの中央に戻すボタンです。。

Smoothing Width

ミラー平面のいずれかの側の頂点数を設定して、ミラーリングされた側の鋭い対比角を滑らかにします。