Language:
Page Info
Skill Level:
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

5. Procedural Foliage Blocking Volume を実装する

Procedural Foliage Blocking Volume は、好きなサイズでレベル内に配置することができる Volume アクタです。 このアクタは、Procedural Foliage が Procedural Foliage Blocking Volume の領域で Foliage アクタをスポーンしてしまうことを防ぎます。 次のセクションでは、 Procedural Foliage Blocking Volume のレベルへの追加方法および Foliage meshes のスポーンを防ぐための使用方法について説明します。 前のステップで作成した PFT_00 レベルを引き続き使用します。

  1. まず Proc というワードで [Modes] パネル内を検索して Procedural Foliage Blocking Volume を探します。

    T_Find_ProcF_Blocking_Volume.png

  2. [Modes] パネルで見つかった Procedural Foliage Blocking Volume を選択して、[Modes] パネルからレベルへドラッグします。

    T_Adding_PFV_To_Level.gif

  3. フォリッジ メッシュが Procedural Foliage Spawner の黒い部分にスポーンされないように、Procedural Foliage Blocking Volume を以下の値を使って移動およびスケールします。

    • Location X: 5430.0 cm

    • Location Y: -3900.0 cm

    • Location Z: 200.0 cm

    • Scale X: 41.75

    • Scale Y: 65.5

    • Scale X: 41.75

    T_PFBV_Postion.png

  4. 次にレベルで [Procedural Foliage Spawner] を選択して、[Details (詳細)][Resimulate (再シミュレーション)] ボタンをクリックします。 再シミュレーションが完了すると、Procedural Foliage Blocking Volume と交わる部分の木がすべて消えています。

    T_PFV_Before_After.png 以下の画像で、設定前と後の違いが分かります。

    画像番号

    結果

    1:

    Procedural Foliage Blocking Volume 追加前

    2:

    Procedural Foliage Blocking Volume 追加後