Language:
Page Info
Engine Version:

Stat コマンド

以下は、プロファイリングをサポートするために、コンソールに入力できる、現在利用可能な stat コマンドのリストです。ログへ何かをダンプする場合は、ログ ファイルが以下の -log コマンドで実行されるようにエディタ / ゲームを実際に設定する必要があることを忘れないようにしてください。

UE4Editor.exe -silent LOG=MyLog.txt

「ダンプ」コマンドを便利にするために必要です。

コマンド

説明

stat Anim

スキンされたメッシュのティックごとの計算時間を表示します。

stat D3D11RHI / stat OpenGL

Direct3D 11 または OpenGL RHI です。

stat DumpEvents [-ms=0.1] [-all]

イベントが呼び出されると (ブループリントから、もしくは PhysX Task 関数などで)、ログに書きこまれます。

stat DumpFrame

コマンド受け取り直後にレンダリングされるフレームに関するログ情報に書き込まれます。

stat DumpHitches

t.HitchThreshold に基づいて処理落ちが検出されるたびに、ログへ書き込まれます。

stat Engine

フレーム時間やレンダリング中のトライアングル数のカウンタなど、一般的なレンダリング統計情報を表示します。

stat Game

各種 Gameplay のティックの所要時間に関するフィードバックです。

stat Grouped

stat Slow を無効にします。

stat Hitches

t.HitchThreshold を設定し、処理落ちと考えられる時間を秒単位で定義します。すべての処理落ちをログ/ビジュアル スタジオのデバッグにダンプします。例、[0327.87] LogEngine:Warning:HITCH @ 00m:01s:643ms,1643,72,2.`

stat InitViews

可視性のカリングの所要時間と、どれくらい効果的であるかについての情報を表示します。可視セクション カウントは、レンダリング スレッド パフォーマンスに関して唯一最も重要な統計です。可視セクション カウントは、 STAT INITVIEWS (統計の初期ビュー) にある Visible Static Mesh Elements が主要なものですが、 Visible Dynamic Primitives も計算に入れます。

stat LightRendering

ライティングとシャドウのレンダリングの所要時間のフィードバックです。

stat Memory

アンリアル エンジンの各種サブシステムのメモリ使用量の統計を表示します。

stat Particles

パーティクル計算およびスプライト レンダリングの所要時間を表示します。

stat SceneRendering

一般的なレンダリング統計を示します。レンダリング プロセスのパフォーマンスが悪い部分はまずここで探すと良いと思います。

stat SceneUpdate

ワールド更新に関する情報を表示します。ライトの追加、更新、削除にかかった時間、およびシーンにプリミティブを追加、削除にかかった時間が含まれます。

stat ShadowRendering

stat LightRendering でカバーした実際のシャドウ レンダリング時間とは別に、シャドウ計算の所要時間を表示します。

stat Slow [-ms=0.3] [-maxdepth=5]

このコマンドは、ゲーム スレッドとレンダリング スレッドの統計情報を表示します。すべての統計情報は、大きな 1 つの統計グループとしてレンダリングされます。プロファイラあるいはログ ファイルを見ることができない場合、またはゲームの基本的なパフォーマンスをテストしたい場合にこのコマンドは便利です。

起動中のゲームで使われている例を紹介します。

このコマンドは以下のように設定することが可能です。

stat slow [-ms=1.0] [-maxdepth=4]

デフォルトでは、統計情報の項目は 1.0 ms より大きい項目と 4 レベルより上位のものだけが表示されます。

msを下げたり深度を増加させると、パフォーマンス全体に影響を与えることがあるので注意してください。

0.1ms より低い Stat slow はパフォーマンスを改善するためにすべてフィルタリングされます。-ms を下げ、-maxdepth を増加すると、下の例のようになります。

stat slow -ms=0.3 -maxdepth=5

Stat slow はスクリーン スペースを大量に使うので、再び stat slow (または stat Grouped) を使って、表示されている stat group はすべて取り除きます。さらに、他の stats group を有効にすると、stat slow は無効になります。

stat Streaming

テクスチャのストリーミング処理で使用しているメモリ量、シーン内に存在するストリーミング中のテクスチャ数など、ストリーミング中のアセットの各種統計情報を表示します。

stat StreamingDetails

一般的なテクスチャ ストリーミングをさらに特定のグループ (ライトマップ、静的 テクスチャ、動的テクスチャ) に分類するなど、ストリーミングに関するより詳しい統計情報です。

stat Unit

全体的なフレーム時間、およびゲームスレッド、レンダリング スレッド、 GPU の時間です。

stat UnitGraph

stat unit データ付きのグラフを見るためのものです。フィルタリングされていないデータを見るには、stat Raw を表示します。