Language:
Page Info
Tags:
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

クロス ツールのプロパティ リファレンス

Cloth Paint Tools (クロスのペイント ツール) には、特定のクロス シミュレーションを可能にする多くのオプションとプロパティがあります。以下では、Cloth アセット作成時に使用するメニュー オプションと、 レンダリング メッシュにクロスの値をペイントする様々なペイント ツールの選択時に使う [Cloth Paint (クロス ペイント)] パネルの詳細 について説明します。

Cloth アセットの作成メニュー

このセクションでは、Cloth アセットをレンダリング メッシュの作成および適用に使用可能なプロパティと設定の詳細について説明します。

セクション選択

Section Selection (セクション選択) では、レンダリング メッシュの様々なマテリアル エレメントを選択して Cloth アセットを作成し、適用することができます。このメニューでは、選択したメッシュの LOD とマテリアル セクションを特定し、レンダリング メッシュの Cloth アセットを作成し、 その Cloth アセットを選択したセクションに適用し、後で必要に応じて取り除くことができます。

SectionSelection.png

プロパティ

説明

LOD Section Selection

使用する LOD レベル名と Cloth アセットを作成するセクション。

Apply Clothing Asset

選択したセクションに適用する Cloth アセットを選択します。

Remove Clothing Asset

現在割り当てられている Cloth アセットを取り除きます。

Create Clothing Asset from Section

選択したセクションをシミュレーション メッシュとして使って新規 Cloth アセットを作成します。

CreateClothSection.png

基本

Asset Name

クロス セクションのアセットに入力した名前。

Remove from Mesh

このセクションを残すかどうかです (メッシュそのものを操作する場合)。これを有効にすると、高ポリゴン メッシュを低ポリゴン メッシュで操作します。

コリジョン

Physics Asset

コリジョンを抽出する Physics アセットです。これは Sphere と Sphylls をエクスポートしますが、最高 32 の 凸 面 (または 5 つのボックス) をサポートします。

Create Clothing Asset from LOD Section

選択したセクションからクロスのシミュレーション メッシュを作成し、その LOD を、既存の Cloth アセットに追加します。

CreateClothLODSection.png

ターゲット

Target Asset

これは LOD をインポートするときのターゲット アセットです。

LOD Index

Replace LOD

選択した Cloth アセットの LOD0 と このセクションとを置き換えます。

Add LOD

選択したセクションを使って新規 LOD として追加します。

Remap Parameters

再インポートする場合、古い LOD パラメータを新しい LOD メッシュにマッピングします。新しい LOD を追加する場合、前の LOD からパラメータをマッピングします。

基本

Remove from Mesh

このセクションを残すかどうかです (メッシュそのものを操作する場合)。高ポリゴン メッシュを低ポリゴン メッシュで操作する場合にこれを有効にします。

Cloth Paint パネル

[Cloth Paint (クロス ペイント)] パネルには、すべての Cloth アセット、マスク、クロスの反応を設定するパラメータ、およびクロスの値をペイントするときに使うツールもあります。

ClothPaintPanel.png

アセット

[Assets] ウィンドウには、レンダリング メッシュに割り当てられる作成した Cloth アセットが表示され、APEX (.apx または .apb) ファイルをインポートすることが可能になります。 メッシュに対して作成された利用可能な LOD から選択して、パラメータ値をコピーすることができます。

Assets.png

プロパティ

説明

Name

物理メッシュの LOD セクションに対して作成した Cloth アセット名。

Import Apex File

クロス ツールを使用するために変換される APEX (.apx または .apb) ファイルをインポートすることができます。

Level of Detail (LOD) Selection

パラメータを設定、値をペイント、または値をコピーする LOD メッシュを選択することができます。

マスク

[Masks] ウィンドウは、ペイントしたクロス値に対して作成されたパラメータ セットを表示します。これらには、Cloth アセットと合わせて使用するターゲット値を割り当てることができます。

Masks.png

プロパティ

説明

Name

パラメータ セットに対するターゲット設定と共にマスクに与えられる名前。

右クリック メニューの設定

設定ターゲット

None

パラメータ セットに対してターゲットは設定されていません。

Max Distance

クロスのシミュレーション パーティクルがアニメートされた位置から移動できる最長距離です。

Backstop Distance

クロスのシミュレーション パーティクルの動きを制限するために使われる Max Distance からの距離のオフセットです。

Backstop Radius

Max Distance と交差する場合に、クロスのシミュレーション パーティクルがそのエリアに入るのを防ぐ半径です。

アクション

Move Up

マスクをリストで 1 スロット上方に移動します。

Move Down

マスクをリストで 1 スロット下方に移動します。

Delete

選択したマスクをリストから削除します。

Apply

マスクを物理メッシュに適用します。

Add Mask

新規マスクを利用可能なマスク パラメータのリストに追加します。

Config

[Config] プロパティでは、クロスの反応を調整し、麻、ゴムなど様々なマテリアルをシミュレーションできるようにします。

Config.png

プロパティ

説明

Physics Asset

シミュレーションを構築する場合に、コリジョンを抽出する Physics アセットです。

Wind Method

どのように風を処理するかです。Accurate は抗力と揚力を使ってクロスが異なる反応をするようにします。Legacy は類似の力を抗力と揚力なしで (APEX と同様に) すべてのクロスに適用します。

Legacy

抗力や揚力を考慮せずにシミュレーションによって直接加速が変更される場合、Legacy の風のモードを使用します。

Vertical Constraint Config

頂点のコンストレイントに使うコンストレイント データです。

Stiffness

コンストレイントの剛性がどれくらい強いかです。必要な位置にどれくらい近く追随するかに影響を及ぼします。

Stiffness Multiplier

使用する Stiffness 値に影響を与える乗数です。

Stretch Limit

このコンストレイントをどれくらい伸縮できるかのハードリミットです。

Compression Limit

このコンストレイントをどれくらい圧縮できるかのハードリミットです。

Horizontal Constraint Config

水平のコンストレイントのためのコンストレイント データです。

Stiffness

コンストレイントの剛性がどれくらい強いかです。必要な位置にどれくらい近く追随するかに影響を及ぼします。

Stiffness Multiplier

使用する Stiffness 値に影響を与える乗数です。

Stretch Limit

このコンストレイントをどれくらい伸縮できるかのハードリミットです。

Compression Limit

このコンストレイントをどれくらい圧縮できるかのハードリミットです。

Bend Constraint Config

曲げのコンストレイントのためのコンストレイント データです。

Stiffness

コンストレイントの剛性がどれくらい強いかです。必要な位置にどれくらい近く追随するかに影響を及ぼします。

Stiffness Multiplier

使用する Stiffness 値に影響を与える乗数です。

Stretch Limit

このコンストレイントをどれくらい伸縮できるかのハードリミットです。

Compression Limit

このコンストレイントをどれくらい圧縮できるかのハードリミットです。

Shear Constraint Config

シア (せん断) コンストレイントのためのコンストレイント データです。

Stiffness

コンストレイントの剛性がどれくらい強いかです。必要な位置にどれくらい近く追随するかに影響を及ぼします。

Stiffness Multiplier

使用する Stiffness 値に影響を与える乗数です。

Stretch Limit

このコンストレイントをどれくらい伸縮できるかのハードリミットです。

Compression Limit

このコンストレイントをどれくらい圧縮できるかのハードリミットです。

Self Collision Radius

各頂点を中心とするセルフ コリジョンの球体のサイズです。

Self Collision Stiffness

セルフ コリジョンを解消するスプリング力の剛性です。

Self Collision Cull State

セルフ コリジョンのためのカリング チェックの半径で使用するスケールです。このチェックの半径内のセルフ コリジョン ボディが他にあればカリングされます。これは高解像度メッシュのパフォーマンスを、クロス内で衝突するボディ数を減らすことで改善します。これを減らすとパフォーマンスに負の影響を及ぼします。

Damping

軸毎のパーティクル モーションの減衰です。

Friction

衝突時の表面の摩擦です。

Wind Drag Coefficient

風の計算の抵抗係数です。この場合、値が高くなると風はクロスに対して一段と横方向に作用します。

Wind Lift Coefficient

風の計算の揚力係数です。値が高くなると、風に吹かれてクロスがより簡単に上がるようになります。

Linear Drag

軸毎の線形のパーティクルの動きに適用される抗力です。

Angular Drag

パーティクルの回転運動に対する抵抗です。この場合、値が大きくなるほど、マテリアルの曲げの制限が強くなります (軸毎) 。

Linear Inertia Scale

線形のパーティクルの慣性に対するスケールです。どれくらいの動きを直線運動に変換するかです (軸毎)。

Angular Inertia Scale

パーティクルの回転運動の慣性のスケールです。どれくらいの運動が回転運動に変換されるかです (軸毎)。

Centrifugal Inertia Scale

遠心力のあるパーティクルの慣性のスケールです。どれくらいの運きを回転運動に変換するかです (軸毎)。

Solver Frequency

位置ソルバーの頻度。値が低いほど、伸縮性があり、弾性があるクロスになります。

Stiffness Frequency

剛性の計算頻度。値が低くなるほど、コンストレイントの剛性が劣化します。

Gravity Scale

クロスのパーティクル シミュレーションに対する重力スケールの効果です。

Tether Stiffness

パーティクル同士をつなげる剛性のスケールです。

Tether Limit

パーティクルをつなげる制限のスケールです (パーティクルがどれくらい離れることができるか)。

Collision Thickness

シミュレートしたクロスの厚さ、でコリジョンを調整するために使用します。

インポート

[Import] オプションは、任意の インポートされた APEX ファイル のファイル パスを表示します。

Import.png

プロパティ

説明

Imported File Path

このアセットが、ファイルからインポートされると、これがオリジナルのパスになります。

クロスのペイント

[Cloth Painting] セクションでは、ブラシ、グラデーション、スムーズ、フィルなどの様々なツールを選択することができます。

こうしたプロパティを入力する前に、まず アセット ウィンドウから Cloth アセットを選び、[Enable Paint Tools] ボタンをクリックします。.

Enable.png

クロス値をペイントするときに使用するツールのタイプです。

ブラシ

Brush ツールを使うと、Cloth アセットをドラッグしながら半径と強度の値をクロスにペイントすることができます。

Brush.png

プロパティ

説明

表示

View Min

float/1D 値をペイントする場合、これはペイントされた値に対してゼロまたはブラックのポイントとみなされます。

View Max

float/1D 値をペイントする場合、これはペイントされた値に対して 1 またはホワイトのポイントとみなされます。

詳細なロールアウト

Flip Normal

メッシュのプレビューで法線をフリップするかどうかです。

Cull Backface

メッシュのプレビューをレンダリングする場合に、裏面のトライアングルをカリングするかどうかです。

Opacity

メッシュ プレビューのオパシティ値です。これでメッシュが透けて見えます。

ツール設定

Paint Value

このパラメータに対して、メッシュにペイントする値。

ブラシ

Radius

ペイントに使用するブラシの半径。

Strength

ブラシの強度 (0.0 - 1.0)。

Falloff

適用するフォールオフの量 (0.0 - 1.0)。

Enable Brush Flow

ティック毎にブラシからペイントが継続的に適用されるフロー ペイントを有効にします。

Ignore back-facing

ペイント時に裏面のトライアングルを無視するかどうかです。

グラデーション

Gradient ツールを使うと選択したクロスの値一式の間で、少しづつブレンドしてペイントすることができます。

Gradient.png

プロパティ

説明

表示

View Min

float/1D 値をペイントする場合、これはペイントされた値に対してゼロまたはブラックのポイントとみなされます。

View Max

float/1D 値をペイントする場合、これはペイントされた値に対して 1 またはホワイトのポイントとみなされます。

詳細なロールアウト

Flip Normal

メッシュのプレビューで法線をフリップするかどうかです。

Cull Backface

メッシュのプレビューをレンダリングする場合に、裏面のトライアングルをカリングするかどうかです。

Opacity

メッシュ プレビューのオパシティ値です。これでメッシュが透けて見えます。

ツール設定

Gradient Start Value

開始点でのグラデーションの値。

Gradient End Value

終了点でのグラデーションの値。

Use Regular Brush

ポイントではなくブラシを使って選択したポイントをペイントします。

ブラシ

Radius

ペイントに使用するブラシの半径。

Strength

ブラシの強度 (0.0 - 1.0)。

Falloff

適用するフォールオフの量 (0.0 - 1.0)。

Enable Brush Flow

ティック毎にブラシからペイントが継続的に適用されるフロー ペイントを有効にします。

Ignore back-facing

ペイント時に裏面のトライアングルを無視するかどうかです。

スムーズ

Smooth ツールを使うと、ペイントしたクロスの値の間でコントラストをぼかす、すなわち和らげることができます。

Smooth.png

プロパティ

説明

表示

View Min

float/1D 値をペイントする場合、これはペイントされた値に対してゼロまたはブラックのポイントとみなされます。

View Max

float/1D 値をペイントする場合、これはペイントされた値に対して 1 またはホワイトのポイントとみなされます。

詳細なロールアウト

Flip Normal

メッシュのプレビューで法線をフリップするかどうかです。

Cull Backface

メッシュのプレビューをレンダリングする場合に、裏面のトライアングルをカリングするかどうかです。

Opacity

メッシュ プレビューのオパシティ値です。これでメッシュが透けて見えます。

ツール設定

Strength

ペイント時のスムージング (ブラー) の強度。

ブラシ

Radius

ペイントに使用するブラシの半径。

Strength

ブラシの強度 (0.0 - 1.0)。

Falloff

適用するフォールオフの量 (0.0 - 1.0)。

Enable Brush Flow

ティック毎にブラシからペイントが継続的に適用されるフロー ペイントを有効にします。

Ignore back-facing

ペイント時に裏面のトライアングルを無視するかどうかです。

フィル

Fill ツールを使うと、類似の値を持つエリアを、他の値で置き換えることができます。

Fill.png

プロパティ

説明

表示

View Min

float/1D 値をペイントする場合、これはペイントされた値に対してゼロまたはブラックのポイントとみなされます。

View Max

float/1D 値をペイントする場合、これはペイントされた値に対して 1 またはホワイトのポイントとみなされます。

詳細なロールアウト

Flip Normal

メッシュのプレビューで法線をフリップするかどうかです。

Cull Backface

メッシュのプレビューをレンダリングする場合に、裏面のトライアングルをカリングするかどうかです。

Opacity

メッシュ プレビューのオパシティ値です。これでメッシュが透けて見えます。

ツール設定

Threshold

サンプリングした頂点がオリジナルの頂点のこの範囲内に存在しなくなるまで、フィルを続けるフィル操作のしきい値です。

Fill Value

すべての選択した頂点をフィルする値。

ブラシ

Radius

ペイントに使用するブラシの半径。

Strength

ブラシの強度 (0.0 - 1.0)。

Falloff

適用するフォールオフの量 (0.0 - 1.0)。

Enable Brush Flow

ティック毎にブラシからペイントが継続的に適用されるフロー ペイントを有効にします。

Ignore back-facing

ペイント時に裏面のトライアングルを無視するかどうかです。

Tags