Language:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

物理ボディのリファレンス

このページは、Physics カテゴリおよび Collision カテゴリのプロパティのリファレンス リストです。Collision Responses (コリジョン反応) または Collision Presets (コリジョン プリセット) のリファレンスについては、以下をご覧ください。コリジョン反応の参照 .

プロパティ

以下は、主要カテゴリ別の物理ボディ (ボディ インスタンス) のプロパティです。

物理

physicsProps.png

プロパティ

説明

Simulate Physics

If true, this body will use simulation. If false, will be 'fixed' (ie kinematic) and move where it is told. For a Skeletal Mesh Component, simulating requires a physics asset setup and assigned on the SkeletalMesh asset. For a Static Mesh Component, simulating requires simple collision to be setup on the StaticMesh asset.

Mass in KG

KG 単位の質量。

Angular Damping

角度移動を削減するために追加された「けん引」力

Linear Damping

線形移動を削減するために追加された「けん引」力

Enable Gravity

オブジェクトに重力を適用するべきかどうか

Constraints

Lock Position

Locked Axis モードの選択時は、平行移動は指定軸に固定されます。

プロパティ

説明

Lock X Translation

X軸と平行に平行移動をロックします

Lock Y Translation

Y軸と平行に平行移動をロックします

Lock Z Translation

Z軸と平行に平行移動をロックします

Lock Rotation

Locked Axis モードの選択時は、回転は指定軸に固定されます。

プロパティ

説明

Lock X Rotation

X軸周りに回転をロックします

Lock Y Rotation

Y軸周りに回転をロックします

Lock Z Rotation

Z軸周りに回転をロックします

Mode

指定軸と平行な物理移動をロックします。

プロパティ

説明

Default

プロジェクト設定から自由度を継承します。

Six DOF

回転および移動をフリーズする場合の軸を指定します。

YZPlane

Y-Z プレーンと平行な 2D 移動を有効にします。

XZPlane

X-Z プレーンと平行な 2D 移動を有効にします。

XYPlane

X-Y プレーンと平行な 2D 移動を有効にします。

Custom Plane

所定の法線と平行な 2D 移動を有効にします。

None

コンストレイントなし

Advanced

physicsPropsAdv.png

プロパティ

説明

Auto Weld

true また 親に親子付けされている場合、2つのボディは単一の剛体に結合されます。コリジョンプロファイルやボディ設定のような物理設定はルートで決定します

Start Awake

オブジェクトが起きた状態で開始するべきかどうか、または当初は眠ったままの状態で開始すべきかどうか

Center Of Mass Offset

このオブジェクトの重心にユーザーが指定したオフセット

Mass Scale

インスタンスごとの質量のスケーリング

Max Angular Velocity

このインスタンスの最大角速度

Use Async Scene

Override Max Depenetration Velocity

このボディインスタンスに独自のカスタムMaxDepenetrationVelocityが設定されているかどうか

Max Depenetration Velocity

このオブジェクトの非貫通処理に使用する最大速度

Override Walkable Slope on Instance

オブジェクトのインスタンスに、カスタム仕様の歩行可能なスロープのオーバーライド設定があるかどうか

Walkable Slope Override

ボディのカスタム仕様の歩行可能なスロープ設定

使用に関する情報は、Walkable Slope (歩行可能なスロープ) のドキュメントをご覧ください。

Walkable Slope Behavior

Behavior of this surface (whether we affect the walkable slope). @see GetWalkableSlopeBehavior(), SetWalkableSlopeBehavior()

Walkable Slope Angle

Override walkable slope angle (in degrees), applying the rules of the Walkable Slope Behavior. @see GetWalkableSlopeAngle(), SetWalkableSlopeAngle()

Sleep Family

ボディがスリープ状態であることを考慮するために使用する値一式

Position Solver Iteration Count

This physics body\'s solver iteration count for position. Increasing this will be more CPU intensive, but better stabilized.

Velocity Solver Iteration Count

This physics body\'s solver iteration count for velocity. Increasing this will be more CPU intensive, but better stabilized.

Should Update Physics Volume

コンポーネントが移動した時にこのコンポーネントがオーバーラップするキャッシュ PhysicsVolume を更新するかどうかを判断します。 @see GetPhysicsVolume()参照

コリジョン

collisionProps.png

プロパティ

説明

Simulation Generates Hit Events

物理シミュレーション中にこのオブジェクトが衝突したら「Hit」イベントを発行するべきか

Phys Material Override

このボディにシンプルなコリジョンを使用するためにPhysicalMaterialの上書きを有効にします

Generate Overlap Events

Collision Responses

詳細は コリジョン反応の参照 のドキュメントをご覧ください。

Advanced

collisionPropsAdv.png

プロパティ

説明

Use CCD

trueの場合、 このコンポーネントにContinuous Collision Detection (CCD)を使用します

Always Create Physics State

常に物理ステートを作成するか否かを示します(コリジョンとシミュレーション対応) falseに設定した場合、コリジョンまたはシミュレーションがアクティベートされてからも物理ステートを作成します。 トリガー時の物理ステート作成によるオーバーヘッドの回避に役立ちます。

Multi Body Overlap

true の場合、マルチボディ コンポーネントであれば、このコンポーネントはオーバーラップする各物理ボディに対して個々のオーバーラップを生成します。falseの場合、このコンポーネントは 物理ボディの数や別のコンポーネント/ボディとオーバーラップしている数に関係なく、オーバーラップを1つのみ生成します。このフラグは 単一ボディコンポーネントに影響します。

Check Async Scene On Move

Trace Complex On Move

trueの場合、このコンポーネントとスウィープしたコンポーネントは、移動中に複雑なコリジョンと反対に追跡します。 falseの場合、コリジョンは代わりに簡易なコリジョンバウンドに対して解決されます @see MoveComponent()を参照してください。

Return Material On Move

trueの場合、 コンポーネントスイープはヒット結果にマテリアルを返します。 @see MoveComponent()、 FHitResultを参照してください。

Can Ever Affect Navigation

このコンポーネントがナビゲーションに影響を及ぼすかどうかを設定します。