Language:
Page Info
Engine Version:

IES ライト プロファイル

IES ライト プロファイル は、円弧でライト強度を定義するカーブです。これをアンリアル エンジンが軸の周囲をスイープして照明器具の反射面、電球の形状、レンズ効果を表すかのように ポイントライトスポットライト が一段とリアルに投射するように見えるようにします。カーブ自体は、ライトからテクスチャを投影するかのようにライトすべての輝度に対する乗数とみなすことができます。しかし、それを行うためのテクスチャのオーバーヘッドや、何らかの角度で投影する場合に発生しうるエラーを生じることはありません。

IES ライト プロファイルを入手する

ほぼすべての大手照明メーカーが IES ライト プロファイルを無料で提供しているので、メーカーのウェブサイトからダウンロードするのが一番簡単に入手できます。例えば、 Lithonia Lighting および Phillips では、一つのライトに対して数多くのライトプロファイルを選択することができます。こうしたサイトでは自社の照明について非常に丁寧に文書化しています。プロファイルは、使用されているライトエミッタのタイプとカラー、照明器具のバリエーションがあればそれに基づいたものにすることもあります。

Lithonia Lighting の優れた点は、ウェブ ブラウザのプロファイル ビューアがあることです。これで、ほしいと思う実際の照明が見つかったら、入手しようとしているものを見ることができます。

アンリアル エディタでプロファイルを調べると、1D テクスチャ (グラディエント) として表されます。しかし、これらはテクスチャではなく、幅広いメタデータを含む ASCII ファイルです。

IESNA:LM-63-2002
[TEST] 98100505
[TESTDATE] 1/31/2008 
[ISSUEDATE] 1/31/2008 
[TESTLAB]   [MANUFAC] Lithonia Lighting 
[LUMCAT] TPG 1000S PG21 M ( SC=1.5) 
[LUMINAIRE] OPEN GLASS OPTICAL, 1000 HPS W/ MEDIUM DISTRIBUTION 
[LAMPCAT] LU1000 
[LAMP] ONE 1000-WATT CLEAR E-25 HIGH PRESSURE SODIUM, VERTICAL BASE-UP POSITION. 
[BALLAST] 
[BALLASTCAT] 
[DISTRIBUTION] SEMI-DIRECT, SC-0=1.5, SC-90=1.5 
[_LAMPPOSITION] 0 , 0 
[_LAMPWATTAGE] 1000 
[_LAMPLUMENS] 140000 
[_MOUNTING] 
[_FAMILY] TPG 
[_PRODUCTID] 7b5d891e-1c98-4dfa-ae63-b3bef1066d68 
[_INFOLINK](https://www.youtube.com/watch?v=af3txMXNi5Y) 
[_PRODUCTGROUP] INDOOR HID 
[_TERCAT] Highbay, Nonlinear 
[_TER] 48 
TILT=NONE 
1  140000  1  21  1  1  1  -1.72  -1.72  1.02 
1  1  1100 
0  5  15  25  35  45  55  65  75  85  90  95  105  115  125  135  145  155  165  175  180 
0 
27438  26506  28483  28459  27031  24803  18881  12112  5247 
5371  5433  5622  5682  5484  5214  4117  3461  2868  1508 
756  382 

The IES Profile for a Lithonia TPG_1000S_PG21_M

使用方法

  1. IES プロファイル をクリックして コンテンツ ブラウザ にドラッグするか、または [New Asset (新規アセット)] -> [Import to...(インポートする)] を使用します。

  2. そのライトプロファイルを [Light Profiles] の下の [IES Texture] スロットにドラッグすることで、シーン内の Point Light に割り当てます。

  3. IES Brightness Scale スライダーを使ってプロファイルの輝度の調節ができます。

  4. コンテンツ ブラウザ 内で作成した「テクスチャ」上を ダブルクリック して Texture Properties を呼び出して微調整することもできます。

IES Profile は可動性が Static (静的) に設定されているライトに使用できますが、可動性が Stationary (固定) あるいは Movable (可動) でない限り直接割り当てることはできません。IES Profile を使うと、事前計算された Static light (静的ライト) はマスクからアーティファクトが発生してしまうことがあります。結果を考えるのであれば、IES Profile は Stationary light (固定ライト) と Movable light (可動ライト) と使うことをお勧めします。

スポットライト

IES ライトプロファイルは基本的にポイントライトをスポットライト (視覚的観点から) に変えます。スポットライトで IES プロファイルを使用するとポイントライトで使用する場合と同様に機能します。ただし、スポットライトの円錐は IES プロファイル エフェクトをマスクします。しかし、スポットライトの投影領域は最大でも 179 度の円弧であり、それを超えると IES データは失われます。

こうした画像では、左側のライトがスポットライトで右側のライトがポイントライトです。スポットライトの上ではライティングが足りないことがわかります。スポットライトの円錐は、IES のライト プロファイルのエフェクトを切り落とします。