Language:
Page Info
Tags:
Engine Version:

画像補正

Image Adjustment 関数はテクスチャの基本色調の補正操作を実行する手段として用いられます。別バージョンをメモリへ読み込むといったオーバーヘッドを心配せずに、補正動作や変更をテキスチャへ行う際に便利です。

Image Adjustment 関数

以下は、Image Adjustment カテゴリ配下にある全ての関数のリストです。

3ColorBlend

この関数は以下の方法でグレースケールアルファに基づいて 3 つの入力値をブレンドします。

3ColorBlend_demo.png

アルファトーン

カラー

ダークトーン

カラー A

中間トーン

カラー B

ハイライト

カラー C

アイテム

説明

入力値

Color A (3Vector)

アルファがダークトーンを黒へ供給すると常に適用されるカラーです。

Color B (3Vector)

アルファが中間トーンを供給すると常に適用されるカラーです。

Color C (3Vector)

アルファがハイライトを白へ供給すると常に適用されるカラーです。

Alpha (Scalar)

上述のように、各カラーが適用される場所を緻密に計画します。

CheapContrast

この関数はヒストグラム値の上限を小さい値へ、またヒストグラム値の下限を大きい値へ再マッピングすることによって入力値のコントラストを強調します。これは、Photoshop で Levels adjustment (レベル補正) を適用するのに似ています。 ユーザーによるコントラストを強調する度合いの制御が必要かもしれません。

アイテム

説明

入力値

In (Scalar)

チャンネルもしくは白黒画像のコントラストが強調されます。

Contrast (Scalar)

コントラストを強調する度合いです。0 はデフォルト値で変化はありません。

この関数は RGB 値ではなくスカラー値を受け取ります。つまり、特に白黒画像や単一チャンネルに適した関数です。フルカラー画像のコントラストの強調には CheapContrast_RGB を使用します。

Cheap Contrast

CheapContrast_RGB

この関数はヒストグラム値の上限を小さい値へ、またヒストグラム値の下限を大きい値へ再マッピングすることによって入力値のコントラストを強調します。これは、Photoshop で Levels adjustment (レベル補正) を適用するのに似ています。 ユーザーによるコントラストを強調する度合いの制御が必要かもしれません。

通常の CheapContrast function とは異なり、この関数は入力値として vector3 を受け取り、カラー画像にコントラスト操作を実行します。

アイテム

説明

入力値

In (Scalar)

コントラストが強調された基本画像です。

Contrast (Scalar)

コントラストを強調する度合いです。0 はデフォルト値で変化はありません。

Cheap Contrast

SCurve

SCurve 関数は、S カーブに沿って画像の各チャンネル値を補間することによって画像のコントラストを強調します。この関数は Photoshop で Curves adjustment (トーンカーブ) を適用する機能と似ていて、RGB カーブを S -カーブに設定または Increase Contrast (RGB) のプリセットを使用します。

アイテム

説明

入力値

In (Scalar)

コントラストが強調された基本画像です。

Power (Scalar)

コントラストを強調する度合いです。1 はデフォルト値で変化はありません。

SCurve

3PointLevels

この関数は、画像を受け取りそれぞれのチャンネル値を 3 つの点に再配置します (白、黒、中間)。この関数は Photoshop の [Levels adjustment (レベル補正)] 機能の適用と似ています。しかし CheapContrast 関数とは異なり、ユーザーはライト、ダーク、グレースケール (ガンマ) の補間調整をフル制御することができます。3 つの再配置される点は、デフォルトで線形補間が適用されます。ただし、ユーザーの選択で、カスタムの補間カーブを入力することも可能です。

アイテム

説明

入力値

Texture (Scalar)

入力テクスチャ

New Black Value (Scalar)

前値 0 に新規の値を設定します。

New Middle Value (Scalar)

中間点の入力値に合致する古い値を置き換えます。

New White Value (Scalar)

前値 1 に新規の値を設定します。

Middle Point (Scalar)

中間点から値が置き換えられる入力画像から値を選択します。

Define Interpolation Curve (StaticBool)

Interpolation Power 入力値を使用して独自の補間カーブを定義する際に true に設定します。

Interpolation Power (Scalar)

補間に適用するパワーノードです。3 点 (黒、白、中間) の補間を制御します。

Invert Interpolation Power

パワーカーブを反転させたい時に true に設定します (通常はコントラストを強調せずに弱めます)。

3Point Levels

このノードの "-------------" 入力は、明確にするための入力リストのセパレーターにすぎません。実際の接続を受け取るためではありません。

CheapContrast 関数のように、このノードはデフォルトでスカラー値を受け取ります。つまり、単一チャンネルや白黒画像に適しています。

HueShift

HueShift 関数は、任意の割合で入力カラーの現在の色合いの値をオフセットします。割合は 1 をベースとし、カラーホイール (色環) を軸に展開します。例えば 0.5 (50 %) の変更は補間する色合いを変更し、カラーホイールの反対側の色合いに変更を加えません。これはカラーホイールの周りを完全に回転するのと同等であるためです。

アイテム

説明

入力値

Hue Shift Percentage (Scalar)

入力する色合いをカラーホイールが変更を行う度合いです。

Texture (Vector3)

色調に変更が加えられた入力テクスチャです。

Hue Shift

SmoothThreshold

SmoothThreshold 関数はグラデーション、補間の比率、閾値 (カットオフ値) を受け取ります。その後、入力値に基づいてグラデーションにスムースなコントラストを適用します。各入力値の説明は以下となります。

アイテム

説明

入力値

Cutoff Value

オペレーションに影響を受けるカットオフ値を下回るグラデーション入力値です。

Lerp Value

オリジナルの値からスムーズに傾斜する負または正の値を追加します。カットオフ値よりも低い値は傾斜がつきます。

Gradient

コントラスト オペレーションのベースとなる値です。

Smooth Threshold

Tags