Language:
Page Info
Tags:
Engine Version:

Size モジュール

ライフ期間のさまざまな時点でパーティクルのサイズに影響を与えるモジュール。

Initial Size モジュール

Initial Size モジュールは、スポーン時にパーティクルの初期サイズを設定します。以下のメンバーが含まれます。

プロパティ

説明

Size

Start Size

パーティクルに使用する初期サイズを示すベクター分布。値は、パーティクルのスポーン時に EmitterTime に基づいて取得します。この値は、スポーンしているパーティクルの Size および BaseSize 値へ加算されます。

Initial Size(Seeded)モジュール

Initial Size (Seeded) モジュールは、エミット時にパーティクルのサイズを設定するという点で Initial Size と同一です。しかしこのモジュールは、エミッタの使用時はいつでもモジュールからより一貫性のあるエフェクトを提供するために、分布値の選択に使用するシード情報を指定することが出来ます。以下のメンバーが含まれます。

プロパティ

説明

RandomSeed

Random Seed Info

このモジュールのプロパティの「ランダム」値の選択に使用するランダムシード。

プロパティ

説明

Get Seed From Instance

true の場合、モジュールはオーナー インスタンスからシードを取得しようとします。失敗すると、 Random Seeds 配列からシードを取得するためにフォールバックします。

Instance Seed Is Index

true の場合、インスタンスから抽出したシード値は Random Seeds 配列のインデックスとなります。

Parameter Name

このシードを設定するために配置されたインスタンスにエクスポーズする名前です。

Random Seeds

このモジュールを使用するためのランダムシード値です。複数の値を指定すると、インスタンスがランダムに値を選択します。

Reset Seed On Emitter Looping

true の場合、シードはエミッタがループする都度リセットされます。

Size

Start Size

パーティクルに使用する初期サイズを示すベクター分布。値は、パーティクルのスポーン時に EmitterTime に基づいて取得します。この値は、スポーンしているパーティクルの Size および BaseSize 値へ加算されます。

Size By Life モジュール

Size By Life モジュールは、パーティクルのライフ期間中に、パーティクルのサイズを任意の値でスケーリングします。以下のメンバーが含まれます。

プロパティ

説明

Size

LifeMultiplier

パーティクルに使用するサイズのスケーリング係数を表すベクター分布。値は、パーティクルの更新時にパーティクルの RelativeTime に基づいて取得します。

Multiply X, Multiply Y, Multiply Z

true の場合、対応するスケーリング係数がパーティクルサイズに適用されます。false の場合、対応するコンポーネントに変化はありません。

スポーンおよび更新時に、Particle.Size 値は取得したスケーリング値で乗算されます。

Size Scale

Size Scale モジュールは、パーティクルの Size を BaseSize に設定し、任意のスケーリング係数を掛け合わせます。そのフレーム内でこのモジュールより前に行ったサイズ調整は、このモジュールによってすべてオーバーライドされるので注意が必要です。以下のメンバーが含まれます。

プロパティ

説明

ParticleModuleSizeScale

Size Scale

パーティクルのサイズとして使用する前に BaseSize をスケーリングする方法を表すベクター分布。パーティクルの更新時にパーティクルの RelativeTime に基づいて値を取得します。

Enable X, Enable Y, Enable Z

無視されます。

Size By Speed

次第に遠ざかるよりは、これらのパーティクルは速度が落ちると実際に縮小します。

速度の一部によってパーティクル サイズをスケーリングします。以下のメンバーが含まれます。

プロパティ

説明

Size

Speed Scale

スプライト処理に対し、X および Y 軸へスケーリング量を設定します。

Max Scale

最大スケーリングサイズ設定します。クランプのような機能です。

スポーンおよび更新時に、Particle.Size 値は取得したスケーリング値にパーティクルのベロシティ値を掛けた値で乗算されます。

Tags