Language:
Page Info
Skill Level:
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

シミュレーション変更を維持する

Simulate In Editor (エディタでシミュレーション) または Play In Editor (エディタでプレイ) の使用中は、アクタのプロパティを編集し、レベルやゲームプレイに対する変更の効果を確認できます。Keep Simulation Changes (シミュレーション変更を維持) を使用して、 これらの変更を行い、保存することができます。保存できる内容には、レベルでのアクタの変形など、 [詳細] タブに表示されるプロパティも含まれます。Keep Simulation Changes の使用後、レベルで選択されたアクタがランタイム コピーから更新されるので、変更がエディタのコピーに反映されます。

ブループリント または C++ コードでゲームプレイの結果としてアクタのプロパティを変更した場合でも、アクタで物理シミュレーションを開始してマップ内で終了した場合でも、 Keep Simulation Changes でこれらの変更を保存することができます。ただし、これはシミュレーションまたはゲームプレイ開始前に レベルに配置済みのアクタのみに機能します。アクタが ブループリント または C++ コードからスポーンされている場合は、これらの変更を保存することはできません。

Simulate In Editor からの変更の保存方法

  1. ビューポート または ワールド アウトライナー のいずれかから変更を保存したいアクタを選択します。ビューポート または ワールド アウトライナー のいずれかで 右クリック し、右クリック メニューから [Keep Simulation Changes] を選択します。

    in_simulate_keepsimchanges.png

コンテキスト メニューにこのオプションを表示させるには、エディタでプレイまたはエディタでシミュレーションを行っている必要があります。

Simulate In Editor からの変更の保存方法

  1. マウス コントロールを再び使用するには、 Shift+F1 を押します。

  2. ワールド アウトライナー で変更を保存したいアクタを選択します。ワールド アウトライナー右クリック し、右クリック メニューから [Keep Simulation Changes] を選択します。

    play_sceneoutliner_keepsimchanges.png

アクタ選択後、 Keep Simulation Changes のキーボード ショートカットを押すこともできます (デフォルトは K)。