Language:
Page Info
Skill Level:
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

3ds Max から Datasmith のコンテンツをエクスポートする

datasmith-setup-export-max.png

3ds Max 用の Datasmith Exporter プラグインをインストールすると、3ds Max からシーンをエクスポートする際に、 .UDATASMITH ファイル タイプを新たに使用できるようになります。

この新しいファイル タイプを使用してシーンをエクスポートするには、3ds Max で以下のステップに従います。

  1. 3ds Max の [File (ファイル)] メニュー、またはメイン メニュー バーの一番左にある [MAX] メニューから [Export (エクスポート)] を選択します。 エクスポートするファイルを選択

  2. 以下のように設定します。 フォルダ、タイプ、ファイル名を設定

    1. Save in (保存場所): 新規 Datasmith ファイルの場所を選択します。

    2. File Name (ファイル名): ファイル名を付けます。

    3. Save as type (保存のタイプ):[Unreal Datasmith (*.UDATASMITH)]** を選択します。

  3. [Save (保存)] をクリックします。

  4. [Datasmith Export Options (Datasmith エクスポート オプション)] ウィンドウで [Visible objects (可視オブジェクト)] を選択して、シーンのすべてのオブジェクトを Datasmith ファイルに含めるか、[Selection (選択)] を選択して、現在選択しているもののみを含めます。 可視オブジェクトまたは選択しているオブジェクトをエクスポート

  5. [OK] をクリックします。

エクスポートが完了すると、エクスポータによってコンテンツに関連する問題のレポートが表示されます。典型的なものとしては、エクスポータの変換が不完全であったものや、3ds Max で表示されているように Unreal Engine では表示されない可能性があるものに関した通知です。

3ds Max の変換に関する注意事項と警告

最終結果

これで、新規の 「.udatasmith」 ファイルを Unreal Editor にインポートする準備が整いました。「Importing Datasmith Content into Unreal Engine 4」NEW! を参照してください。

新規の 「.udatasmith」ファイルと共に、このファイルと同じ名前に _Assets サフィックスが付いたフォルダが作成されます。「.udatasmith」 ファイルを別の場所に移動する場合は、このフォルダも同じ場所に移動してください。