Language:
Page Info
Skill Level:
Engine Version:

アクタを検索する

ゲームとレベルを構築し始めると、シーン内の個々のアクタを見つけることが難しく感じるかもしれません。レベルに設定されている構成要素やジオメトリから NPC、敵、インタラクション可能なオブジェクトやピックアップに至るまで、シーン内のアクタが数百に上ることは珍しくありません。これらの中からひとつのアクタを探し出すのは、ことわざでいう「干し草の山の中にある一本の針を見つける (つまり無駄骨を折る) 」ようなものです。

ただし、 ワールド アウトライナー を使って、シーン内のアクタの検索幅を狭めることはできます (以下の図参照)。

Actors1.png

上図では、レベル内に配置されたすべてのアクタがワールド アウトライナー (右) に表示されます。ワールド アウトライナー内のアクタを 1 つクリックすると、レベル ビューポート内でも強調表示されます。Actor (アクタ) または Type (種類) のヘッダをクリックすれば、 ワールド アウトライナー をアクタ名またはアクタの種類でソートすることができます (Type Box の下向き矢印をクリックすると、サブ カテゴリを種類から別のフィルタへ変更することができます)。

ワールド アウトライナーでアクタを選択した状態で、レベル ビューポート内をナビゲート中に F キーを押すと、選択中のアクタが フォーカス できる位置にカメラを移動します。

シーン内でのアクタの配置については、 ワールド アウトライナー をご覧ください。

エディタでのアクタ検索にはワールド アウトライナー使うことができますが、ブループリントでアクタを見つけて修正できるようにするにはどうすれば良いでしょうか? 以下のガイドでは、必要に応じてアクセスおよび修正できる様々な基準でシーン内のアクタ検索を行う方法を紹介します。

実装ガイド

ue4_icon.png

ブループリントでアクタを検索する

ブループリントでアクタを検索するための操作ガイド

ブループリントでアクタを検索するための操作ガイド