Language:
Page Info
Engine Version:

再生とシミュレーション

エディタでは、どこでもプレイヤーをスポーンし、ファイルの保存を待たずにエディタ内でゲームを即時にプレビューできます。2 種類のプレビュータイプを利用できます。Play In Editor (PIE) は、メインツールバーにある [Play] ボタンから直接アクセスします。 Simulate In Editor (SIE) は、Play ボタンのドロップダウンメニューから (または Alt+S を押して) アクセスします。エディタ内プレビュー システムは Play In Editor と Simulate In Editor のセッション間の切り替えに対応しています。従って、ゲームプレイとアセットの微調整を迅速にイタレーションし、 結果としてゲームがどのように変化するかを確認できます。

この操作ガイドでは、新規プロジェクトを作成しました。これは、Starter Content を有効にした状態で (スターターコンテンツを含める)、Blueprint Third Person テンプレートを使用して作成しました。これまでにテンプレートを使用してプロジェクトを作成したご経験がない場合や、スターター コンテンツを有効にする方法がわからない場合は、プロジェクト ブラウザ のページをご覧ください。このページには、プロジェクトを作成する / 開く、テンプレート、プロジェクト設定についての情報が掲載されています。

Play In Editor (エディタでプレイする(PIE))

このセクションでは、 Play In Editor (エディタでプレイする(PIE)) を使用してゲームを再生する方法について説明します。

  1. Blueprint Third Person テンプレート プロジェクトを開いた状態で、 メイン ツールバー から [Play (再生)] ボタンをクリックします。

    PIE1.png

    [Play] ボタンをクリックするとゲームが開始し、レベル エディタ ビューポートにキャラクターが表示されます。

    レベル エディタ ビューポートの左上隅にテキストも表示されます。

    PIE2.png

    レベル エディタ ビューポート内で再生する場合、ウィンドウ内でクリックしてプレイ可能なキャラクターをマウスで制御できるようにします。

  2. レベル エディタ ビューポートで 左クリック または 右クリック します。

    PIE3.png

    すると、Shift+F1 for Mouse Cursor (マウス カーソルを使用するには Shift+F1) へとテキスト表示が変わります (これでエディタをマウス制御できるようになります)。

    WASD キーを使用して移動できます。スペースバー を使用してジャンプし、マウス の動きでカメラを移動させます。

  3. 再生セッション中に メイン ツールバー に制御機能が追加されます。

    PIE4.png

    上の画面の黄色で囲まれたボックスの左から右の順に、[Pause] (ゲームを一時停止)、[Stop] (再生セッションを終了)、 [Eject] (プレイ可能なキャラクタの制御を解除し、マウス カーソルの制御に切り替えます) の各オプションを利用できます。

    [Eject] オプションは、 選択したビューポート のオプションを使用している場合に限り利用できます。詳細は Play (再生モード) をご覧ください。

  4. ゲームを一時停止するには、Shift+F1 を押して [Pause (一時停止)] を押します。

    PIE_5.png

    メイン ツールバー に以下の制御オプションが追加されます。

    PIE_6.png

    左から右の順に、[Resume (再開)] ボタンは、ゲームプレイを通常どおりに再開し、[Frame Skip (フレーム スキップ)] ボタンはボタンを一回押すたびに 1 フレーム単位でゲームプレイを進めます。[Stop] ボタンと [Eject] ボタンは同じように機能し、再生セッションを終了またはキャラクターを解放します。

  5. メイン ツールバー から [Eject (制御解除)] ボタンを押します。

  6. レベル エディタ ビューポートのテキスト上で 左クリック して、[Details (詳細)]パネルでその テキスト 値を変更します。

    PIE_7.png

    Enter を押すと、テキストが確認されてレベル エディタ ビューポートのウィンドウで変更されます。

  7. [Possess (所有)] ボタンをクリックして メイン ツールバー で、 [Resume (再開)] をクリックします。

    PIE_8.png

    レベルにあるテキストがデフォルト値から変更されます。これはゲームプレイ中にレベル内のアクタに対して様々な値に変更してテストするのに便利です。イタレーションとプレイテストの時間を迅速にすることができます。

  8. [F8] を押して、プレイヤー キャラクターから [Eject (制御解除)] します。

  9. レベル エディタ ビューポートで 右クリック して、ポップアップ メニューで [Keep Simulation Changes (シミュレーション変更を維持)] を選択します。

    PIE_Add.png

    デフォルトでプレイ セッション中にレベル内のアクタの値を変更した場合、セッション終了時に元に戻されます (値を誤って上書きするのを防ぐためです)。[Keep Simulation Changes (シミュレーション変更を維持)] オプションを選択すると、アクタに加えた変更を保持し、再生セッション終了時にエディタに変更が引き継がれます。

    コンテキスト メニューを使用する代わりにアクタを選択し、 K キーを押して [Keep Simulation Changes (シミュレーション変更を維持)] を行うことができます。

  10. Esc を押して再生セッションを終了すると変更が保存されているのがわかります。

再生モード

再生セッション開始時に使用できる様々な 再生モード があります。

  1. メイン ツールバー[Play (プレイ)] ボタンの隣にある下向き矢印をクリックします。

    PIE_9.png

  2. すると以下のように [Play Options (再生オプション)] メニューが開きます。

    PIE_10.png

  3. [Selected Viewport (選択したビューポート)][Mobile Preview (モバイル プレビュー)][New Editor Window (新しいエディタ ウィンドウ)]、または [Standalone Game (スタンドアロン ゲーム)] を選択します。

[Selected Viewport] はデフォルト設定であり、現在選択している ビューポート 内のエディタの中でゲームを起動します。[New Editor Window] もエディタ内でゲームを起動しますが、新しいスタンドアロン ウィンドウを作成し、レベル エディタ ビューポートはそのままの状態になります。[Mobile Preview] と [Standalone Game] はエディタの外側でスタンドアロン バージョンでゲームを起動します (Mobile Preview ではできる限りデバイスを模倣するために使用するツールを追加で提供します)。

このメニューの他のオプションについては、このページの下にある 関連トピック セクションをご覧ください。

Simulate In Editor (エディタでシミュレートする(SIE))

このセクションでは、 Simulate In Editor (エディタでシミュレートする) とゲームをシミュレーションする方法について説明します。

  1. プロジェクトを開いた状態で、コンテンツ ブラウザ 内で スターター コンテンツ を開き、「Props (プロップ)」 フォルダを開きます。

  2. 左クリック して Material Sphere (マテリアル球体) プロップをレベルの階段の上にドラッグします。

    Sim1.png

  3. 移動ツール ウィジェットの矢印をクリックして以下の画面のように球体を上に移動します。

    Sim2.png

  4. 球体の [Details] パネルの [Physics] セクションで下方向にスクロールし、[Simulate Physics (物理をシミュレーション)] チェックボックスにチェックを入れます。

    Sim3.png

    シミュレーション (または再生) を開始すると、球体は物理を持つようになり、地面に落下します。

  5. エディタでシミュレーションするには、Alt+S を押します。

    Sim4.png

    レベルにプレイ可能なキャラクターは存在しないが、あたかもそれが存在しているかのようにゲームが進行し、球体が落下するはずです。

  6. セッションを終了するには Esc を押します。エディタ内で メイン ツールバー が更新されているのがわかります。

    SIM5.png

    [Play (再生)] ボタンは直前に選択した再生モードに変わります。ここでの例では、シミュレーションしたばかりです。

  7. 再度シミュレーションするには [Simulate (シミュレート)] ボタン (または Alt+S) を押して、ただちに [Pause (一時停止)] ボタンを押します。

  8. メイン ツールバー[Frame Advance (フレームを進める)] ボタンをクリックしてシミュレーションをステップスルーします。

    SIM6.png

    Frame Skip (フレーム スキップ) をクリックすると、物理をシミュレーションしながら球体がゆっくりと落下するのがわかります。