Language:
Page Info

2.Gameplay アクタの配置

  1. モード パネル で、[Place (配置)] モードを選択します。

    place_mode.png

  2. [Basic] タブを選択し、[Player Start] アクタをビューポートにドラッグします。これはプレイヤーの開始位置になるため、プレイヤーがレベルを開始する場所に配置します。

    place_playerstart.png

  3. コンテンツ ブラウザ で、Content フォルダを選択して、EnemyStart を検索します。このブループリントのいくつかのインスタンスをビューポートにドラッグします。ロボットのスポーン元になります。ロボットの攻撃が開始する場所に配置します。

    place_enemystart.png

  4. コンテンツ ブラウザ で、C++ Classes フォルダを選択して、OdinAIWaveManager を検索します。このアクタのインスタンスをビューポートにドラッグします。場所は重要ではありません。単にロボットをスポーンするためのコントローラーとして機能するだけだからです。ただし、簡単に見つけて選択できる場所に配置するとよいでしょう。

    place_wavemanager.png

結果

これで、ロボット攻撃を作るために必要なすべてのアクタの用意ができました。何らかの動作をするためには、設定すべきいくつかのプロパティと接続があります。次にそれを行いましょう。

placed_actors.png