Language:
Page Info
Tags:
Skill Level:
Engine Version:

Gear VR 用カメラの設定

Prerequisite Topics

This page assumes you have prior knowledge of the following topics. Please read them before proceeding.

Hero_Image.png

Gear VR の場合、座式でもスタンディング式でもユーザー カメラの設定方法は同じです。このガイドでは、Gear VR HMD 用に UE4 カメラを設定する方法ついて説明します。

ステップ

プロジェクト設定要件および Gear VR 体験に必要な Pawn ブループリントの作成と設定方法について説明します。

  1. まず、以下の設定で新規の UE4 プロジェクトを作成し、設定を入力したら [Create Project] ボタンを押してプロジェクトを作成します。

    • ブループリント

    • Blank プロジェクト

    • Mobile / Tablet

    • Scalable 3D or 2D

    • No Starter Content (スターター コンテンツなし)

    • プロジェクトの保存場所

    • プロジェクト名

    クリックしてフルサイズで表示

  2. プロジェクトをロードしたら、コンテンツ ブラウザを右クリックし表示されたメニューから [Create Basic Asset (基本アセットの作成)] セクションを選択して [Blueprint Class] オプションをクリックします。

    クリックしてフルサイズで表示

  3. [Pick Parent Class (親クラスを選択)] ウィンドウから [Pawn] オプションを選択し、「GearVR_Pawn」 と名前を付けます。

    クリックしてフルサイズで表示

  4. まず最初に、GearVR_Pawn ブループリントを開き、[Viewport] タブの [Component] セクションを開きます。[Add Component] ボタンで以下の 2 つのコンポーネントを次の名前で追加して、VRCamera が必ず VRCameraRoot の子になるようにします。

    • Scene - VRCameraRoot

    • Camera - VRCamera

    HT_GearVR_Camera_Setup_02.png

    この VR カメラ設定方法は実際のカメラを動かさずにカメラ位置のオフセットが可能です。エピックは VR HMD の種類に関係なく、この方法を推奨します。

  5. まず、GearVR_Pawn ブループリントを開き、イベントグラフEvent Begin Play ノードを引き出して Executable Actions リストを表示します。Set Tracking Origin を検索して、クリックしてイベントグラフに追加します。

    クリックしてフルサイズで表示

  6. Set Tracking Origin ノードの [Origin] をデフォルトの [Eye Level} にしておく必要があります。

    クリックしてフルサイズで表示

  7. ブループリント エディタの [Variables] セクションで 「CameraHeight」 という名前の新しい Vector 変数を作成し [Z] 値を 「180」 に設定します。

    HT_GearVR_Camera_Setup_03.png

    CameraHeight に設定するこの値は、現実世界におけるユーザーの身長 (センチメートル) です。

  8. Set Tracking Origin ノードの出力を引き出して Set Relative Location ノードを検索し、SetRelativeLocation(VRCameraRoot) オプションを選択します。

    クリックしてフルサイズで表示

  9. CameraHeight 変数を Set Relative Location ノードの New Location 入力へ接続し、[Compile] ボタンを押します。イベントグラフは以下のようになります。

    Copy Node Graph

    上図の左上端部分をクリックし CRTL + C を押せば、ブループリント全体をコピーすることができます。コピーしたら、Blueprint イベントで CTRL + V を押してペーストします。

  10. コンテンツ ブラウザから GearVR_Pawn ブループリントをレベルへドラッグし、できる限りグラウンドに近い場所になるように配置しします。

    クリックしてフルサイズで表示

  11. GearVR_Pawn ブループリントを選択し、[Details] パネルの [Pawn] 設定で [Auto Possess Player][Disabled] から [Player 0] にします。

    クリックしてフルサイズで表示

  12. 最後に メイン ツールバー[Launch Options (起動オプション)] の横にある小さな白い三角をクリックし、リストの中からお持ちの Android デバイスを選択してパッケージ化とデバイスへのデプロイを開始します。

    HT_GearVR_Camera_Setup_08.png

結果

UE4 プロジェクトがデプロイされたら、スマートフォンを Gear VR HMD の中に置きます。頭を動かすと、以下の動画のように見えるようになります。

UE4 プロジェクトのダウンロード

以下のリンクから、このサンプルの作成に使われた UE4 プロジェクトをダウンロードすることができます。

Tags