Language:
Page Info
Tags:
Skill Level:
Engine Version:

Google VR のパフォーマンス調整

このページでは、Google VR プロジェクトのパフォーマンス問題の検出方法について説明します。

Google Daydream Performance HUD

GoogleDaydreamPerfHUD.png

Daydream Performance HUD は、Google VR SDK 1.60 以上でビルドされたすべての Daydream アプリケーションに対して有効にされたパフォーマンス オーバーレイです。

Google Daydream にはパフォーマンス オーバーレイがついています。これを有効にすると、パフォーマンス問題の発生時に、すぐに詳細を確認することができます。このオーバーレイを有効にすると、以下の統計情報も表示されます。

  • アプリケーション フレーム サブミット レートおよび GPU でフレームがブロックされているかどうか

  • 非同期リプロジェクション統計情報

  • 処理メモリー使用量

  • デバイスのサーマル スロットリングまでの温度 (�C)

Performance HUD を有効にする方法

Performance HUD を有効にするには、以下の手順に従います。

  1. Daydream アプリケーションを起動したら、スマートフォンの上部右側の歯車アイコンをタップして、VR 設定を開きます。

    GVDP_00.png

  2. [Build Version] を 6 回タップすると、[Developer Options] の項目が表示されます。

    クリックしてフルサイズで表示

  3. [Developer Options] > [Enable performance heads-up display] を選択します。このオプションを有効にすると、[Enable performance monitoring] オプションも有効になります。

    クリックしてフルサイズで表示

  4. 次に VR アプリケーションを起動すると以下の画像のようにパフォーマンス オーバーレイが表示されます。

    クリックしてフルサイズで表示

    Performance HUD の使い方の詳細は、Google VR パフォーマンス HUD を確認してください。

Tags