Language:
Page Info
Tags:
Skill Level:
Engine Version:

Google Daydream VR モーション コントローラを設定する

Prerequisite Topics

This page assumes you have prior knowledge of the following topics. Please read them before proceeding.

Google Daydream モーション コントローラーを使うと、これまでにないほどアンリアル エンジン プロジェクトとインタラクトすることができます。現実世界さながらに、オブジェクトを手に取ったりインタラクトすることができます。この操作ガイドでは、Google Daydream モーション コントローラーをアンリアル エンジン プロジェクトで使えるように設定する方法を説明します。

このガイドでは、Google VR 用にカメラを設定するためのガイド で作成したポーンを使用します。まだ完了していない場合は、先へ進む前に完了させることを強く推奨します。

モーション コントローラーは Google Daydream SDK をサポートしているデバイスのみで使用できます。

ステップ

プレイヤーのポーンに Google Daydream モーション コントローラを使用する機能を追加する方法を説明します。

  1. まず、モーション コントローラーのサポートを追加したいプレイヤー ポーンを開きます。この例では GoogleVR_Pawn_MotionController というポーンを使います。[Components] タブで [Add Component] ボタンをクリックして GoogleVRMotionController を検索します。

    HTGoogleVR_MC_00.png

  2. VRCamera のように子コンポーネントになるように、追加した GoogleVRMotionController を既存の VRCameraRoot 上にドラッグします。

    HTGoogleVR_MC_01.png

    デフォルトで、ポーンを追加した時に GoogleVR モーション コントローラーのコンポーネント 位置 が (0, 0, 0) となるように設定します。何かの理由でそうならない場合に必ず (0, 0, 0) になるように位置を設定してください。

  3. ブループリントをコンパイルおよび保存したら、コンテンツ ブラウザから GoogleVR_Pawn_MotionController ポーンをレベルへドラッグします。

    クリックしてフルサイズで表示

  4. 追加したプレイヤーのポーンを選択し、[Details] パネルで必ず [Auto Possess Player][Player 0] に設定して、レベルの実行時にこのポーンが使用できる状態になるようにします。

    HTGoogleVR_MC_02.png

  5. 最後に [Launch] ボタンを押して、このレベルを Google Daydream を有効にしたスマートフォンで実行します。

    HTGearVR_MC_04.png

最終結果

プロジェクトの起動時に、GoogleVR ヘッドセットにスマートフォンを乗せて GoogleVR Daydream モーション コントローラーを持ちます。現実世界でモーション コントローラーを動かすと、その移動が以下の動画のようにアンリアル エンジン プロジェクト内でリプリケートされるのが見えます。

GoogleVR モーション コントローラーのメッシュが正しい位置ではないように感じたら、自分の正面でモーション コントローラーを持って [Home] ボタンを押して、モーション コントローラーの位置を再度キャリブレーションします。

アンリアル エンジン プロジェクトをダウンロードする

以下のリンクから、このサンプルの作成に使ったアンリアル エンジン プロジェクトをダウンロードすることができます。

Tags