Language:
Page Info
Tags:
Skill Level:
Engine Version:

モバイル プラットフォームでのポストプロセス エフェクトの使用方法

モバイルのポストプロセスは、 PC / コンソールでのポストプロセスとは別のコードパスとして実行されます。その結果、依存テクスチャの読み取り速度の低下、ハードウェア機能不足、高いレンダリング負荷、そしてパフォーマンス全般の低下につながります。 [Project Settings (プロジェクト設定)][Mobile HDR] を必ず有効にしてください。これから説明する設定では、この設定を有効にしないとエフェクトが機能しません。

クリックしてフルサイズで表示

モバイル デバイスのトーンマッパを有効にする

モバイル デバイスで Tonemapper Post Processing オプションを使うためには、r.mobile.tonemapperfilm をデフォルト値の 0 から 1 へ変更する必要があります。アンリアル エンジン (UE4) でトーンマッパの変更や有効無効の切り替えを行うには、以下の手順に従います。

Tonemapper On

Tonemapper Off

コンソールを使ってトーンマッパ フィルムを有効にする

UE4 エディタでトーンマッパを有効にするには、まず Backtick key(`) を押してコンソールを開いてから、トーンマッパを有効にする以下のコマンドを入力します。

  • r.mobile.tonemapperfilm 0

トーンマッパを無効にするには、コンソールを開いて、以下のコマンドを入力します。

  • r.Mobile.TonemapperFilm 0

このメソッドでは、このセッションのみにトーンマッパを有効にします。常にトーンマッパを有効にするには、使用するトーンマッパ設定を DefaultEngine.INI に追加する必要があります。

クリックしてフルサイズで表示

.INI ファイルを使ってトーンマッパ フィルムを有効にする

プロジェクト全体でトーンマッパの有効無効を切り替えるには、プロジェクトの DefaultEngine.ini[Rendering Settings (レンダリング設定)] セクションに r.mobile.tonemapperfilm=1 を追加します。

クリックしてフルサイズで表示

クリックしてフルサイズで表示

モバイル デバイス上でトーンマッパを有効にする

モバイル デバイス上でトーンマッパを有効にするには、4 本の指 で同時に画面をタップして コンソール ウィンドウ を立ち上げます。有効にするには r.mobile.tonemapperfilm 1、無効にするには r.mobile.tonemapperfilm 0 を入力します。

クリックしてフルサイズで表示

モバイルでサポートされているポストプロセス エフェクトと設定

次のセクションでは、モバイル デバイスでサポートされているポストプロセス エフェクトと設定方法、およびトーンマッパを有効にする必要性について説明します。

クリックしてフルサイズで表示

Color Grading

[Color Grading] セクションには、画像の色補正に使うプロパティがあります。

ポストプロセス プロパティ

サポートの有 (Yes) 無 (No)

r.mobile.tonemapperfilm 値

White Balance

Temp

Yes

1

Tint

Yes

1

Global

Saturation

Yes

1

Contrast

Yes

1

Gamma

Yes

1

Gain

Yes

1

Offset

Yes

1

Scene Color Tint

Yes

1

Color Grading LUT Intensity

Yes

1

Color Grading LUT

Yes

1

Shadows

Saturation

Yes

1

Contrast

Yes

1

Gamma

Yes

1

Gain

Yes

1

Offset

Yes

1

Shadows Max

Yes

1

Midtones

Saturation

Yes

1

Contrast

Yes

1

Gamma

Yes

1

Gain

Yes

1

Offset

Yes

1

Highlights

Saturation

Yes

1

Contrast

Yes

1

Gamma

Yes

1

Gain

Yes

1

Offset

Yes

1

Highlights Min

Yes

1

Tonemapper

[Tonemapper] セクションには、画像の色域の調整に使うプロパティがあります。

ポストプロセス プロパティ

サポートの有 (Yes) 無 (No)

r.mobile.tonemapperfilm 値

Slope

Yes

1

Toe

Yes

1

Shoulder

Yes

1

Black Clip

Yes

1

White Clip

Yes

1

Mobile Tonemapper

[Mobile Tonemapper] セクションには、画像の色域の調整に使うモバイル専用のプロパティがあります。

ポストプロセス プロパティ

サポートの有 (Yes) 無 (No)

r.mobile.tonemapperfilm 値

Tint

Yes

0

Saturation

Yes

0

Contrast

Yes

0

Tint Shadow

Yes

0

Tint Shadow Blend

Yes

0

Tint Shadow Amount

Yes

0

Channel Mixer Red

Yes

0

Channel Mixer Green

Yes

0

Channel Mixer Blue

Yes

0

Crush Shadows

Yes

0

Crush Highlights

Yes

0

Dynamic Range

Yes

0

Lens

[Lens] セクションには、ブルーム (Bloom) および DOF などの機能で画像に様々な視覚的調整を行うためのプロパティがあります。

ポストプロセス プロパティ

サポートの有 (Yes) 無 (No)

r.mobile.tonemapperfilm 値

Image Effects

Chromatic Aberation

Yes

0 & 1

Vignette Intensity

Yes

0 & 1

Grain Jitter

Yes

0 & 1

Color Grading Intensity

Yes

1

Bloom

Method:Standard

Yes

0 & 1

Method:Convolution

No

n/a

Intensity

Yes

0 & 1

Threshold

Yes

0 & 1

Size Scale

Yes

0 & 1

#123456 Size

No

n/a

#123456 Tint

No

n/a

Convolution Scale

No

n/a

Convolution Center

No

n/a

Convolution Boost

No

n/a

Convolution Buffer

No

n/a

Dirt Mask

Dirt Mask Texture

Yes

1

Dirt Mask Intensity

Yes

1

Dirt Mask Tint

Yes

1

Auto Exposure

Auto Exposure Histogram

No

n/a

Auto Exposure Basic

No

n/a

Low Percent

No

n/a

High Percent

No

n/a

Min Brightness

No

n/a

Max Brightness

No

n/a

Speed Up

No

n/a

Speed Down

No

n/a

Exposure Bias

Yes

0 & 1

Histogram Log Min

No

n/a

Histogram Log Max

No

n/a

Low Percent

No

n/a

High Percent

No

n/a

Histogram Log Min

No

n/a

Histogram Log Max

No

n/a

Lens Flares

Intensity

No

n/a

Tint

No

n/a

Bokeh Size

No

n/a

Threshold

No

n/a

Bokeh Shape

No

n/a

Tints #012345678

No

n/a

Depth of Field

BokehDOF

No

n/a

GaussianDOF

Yes

0

CircleDOF

No

n/a

High Quality Gaussian DoF on Mobile

Yes

1

Aperture F - Stop

No

n/a

Focal Distance

Yes

0

Depth Blur km for 50%

No

n/a

Depth Blur Radius

No

n/a

Focal Region

No

n/a

Near Transition Region

Yes

0

Far Transition Region

Yes

0

Scale

Yes

0

Max Bokeh Size

No

n/a

Near Blur Size

No

n/a

Far Blur Size

No

n/a

Shape

No

n/a

Occlusion

No

n/a

Color Threshold

No

n/a

Size Threshold

No

n/a

Sky Distance

No

n/a

Vignette Size

No

n/a

Rendering Features

[Rendering Features] セクションには、カスタム深度やカスタム ステンシルなどの特定のポストプロセス マテリアを使って画像に視覚的な調整を行うためのプロパティがあります。

ポストプロセス プロパティ

サポートの有 (Yes) 無 (No)

r.mobile.tonemapperfilm 値

Post Process Materials

Array

Yes

1

Ambient Cubemap

Tint

No

n/a

Intensity

No

n/a

Cubemap Texture

No

n/a

Ambient Occlusion

Intensity

No

n/a

Radius

No

n/a

Static Fraction

No

n/a

Radius in Worldspace

No

n/a

Fade Out Distance

No

n/a

Fade Out Radius

No

n/a

Power

No

n/a

Bias

No

n/a

Quality

No

n/a

Mip Blend

No

n/a

Mip Scale

No

n/a

Mip Threshold

No

n/a

Global Illumination

Indirect Lighting Color

Yes

0 & 1

Indirect Lighting Intensity

Yes

0 & 1

Motion Blur

Amount

No

n/a

Max

No

n/a

Per Object Size

No

n/a

Light Propagation Volume

Intensity

No

n/a

Size

No

n/a

Secondary Occlusion Intensity

No

n/a

Occlusion Intensity

No

n/a

Diffuse Occlusion Exponent

No

n/a

Specular Occlusion Exponent

No

n/a

Light Injection Bias

No

n/a

Secondary Bounce Intensity

No

n/a

Geometry Volume Bias

No

n/a

Emissive Injection Intensity

No

n/a

Occlusion Radius

No

n/a

Diffuse Occlusion Intensity

No

n/a

Specular Occlusion Intensity

No

n/a

Fade Range

No

n/a

Directional Occlusion Fade Range

No

n/a

Screen Space Reflections

Intensity

No

n/a

Quality

No

n/a

Max Roughness

No

n/a

Misc

Screen Percentage

No

n/a

カスタム ポストプロセス マテリアル

アンリアル エンジンは様々なポストプロセス エフェクトがついて出荷されるので、モバイル アプリケーションのルック&フィールをカスタマイズすることができます。しかし、独自のエフェクト ("VCR Static" など) を実装して、 カスタム ポストプロセス マテリアルを作成する場合もあります。

image alt text

モバイル アプリケーションにエフェクトを追加するには、カスタム ポストプロセス マテリアルの開発が必要です。その際、 いくつか重要な点を考慮する必要があります。その中でも特に重要なのは、モバイル アプリケーション向けのカスタム ポストプロセス マテリアルは、以下の Blendable Locations を使って、 PostProcessInput0 (Scene Color)Scene DepthCustom DepthCustom Stencil のみからフェッチされることです。

  • Before Tonemapping

  • After Tonemapping

Blendable Locations の詳細は、ポストプロセス マテリアル 参照ページをご覧ください。 古いモデルの Android の場合、HDR レンダリング用の 'mosaic' モードが必要になるため、カスタム ポストプロセス マテリアルを作成することは現在できません。最終的に、ピクセル深度情報はまだサポートされていません。

この機能が正しく動作するためには、Mobile HDR を有効にしておく必要があります。Mobile HDR は、[Project Settings] > [Engine] > [Rendering] > [Mobile][Mobile HDR] にチェックが入っていれば有効です。

クリックしてフルサイズで表示

Custom Depth ポストプロセス オプションをモバイル レンダリング パスで使うことができるようになりました。カスタム ポストプロセス マテリアルは、Scene DepthCustom DepthScene Color そして Custom Stencil からもサンプリングできるようになりました。

Custom_Scene_Depth.png

Custom_Stencil.png

Custom Depth

Custom Stencil

ポストプロセス パフォーマンス全般におけるヒント

  • 最高のパフォーマンスと品質のためには、ブルームとテンポラル AA を使用してください。

パフォーマンス向上のために、コンソール変数 r.RenderTargetSwitchWorkaround で制御される特別なワークアラウンドを実装しています。BaseDeviceProfiles.ini で、 これが幾つかのデバイスに対して有効になっていることが分かります。一定のパフォーマンス特性をもつデバイスでは、ブルーム エフェクトの外見に若干変化が生じることにご注意ください。

Tags