Language:
Page Info
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

1.2 - Automatic Wall

blueprint_advanced_1_2.png

BP_Fence ブループリントは、コンストラクション スクリプトを使用して、開始ポイントから終了ポイントへ拡がる Static Mesh コンポーネントの行を生成します。ルート Scene Component の位置を開始位置、そして 3D widget として表されるベクター変数を終了ポイントとして扱います。スクリプトは、開始ポイントと終了ポイント間のギャップを埋めるために必要とする StaticMesh コンポーネントの数を判断し、ウォールの開始の最初の StaticMesh コンポーネントに新しい各 StaticMesh コンポーネントをアタッチ適用しながら行に追加します。そして、最初の Static Mesh コンポーネントが X 軸に沿って終了ポイントへ向くように回転すると、残りの行も一緒に回転します。

ベクター変数の 3D ウィジェットを表示するには、変数が選択されると ブループリント エディタ[Details (詳細)] パネルに表示される [Show 3D Widget (3D ウィジェットを表示)] オプションをクリックします。

コンストラクション スクリプト

フルサイズ表示するには、右クリック し、[Save As (名前を付けて保存)] を選択します。

  • ForLoop ノードはスクリプトのセクションを繰り返します。ForLoop ノードからの Index 出力に変数 MeshWidth を乗じて、追加された各 Static Mesh コンポーネントに対する位置オフセットが算出されます。

  • End point 変数はベクター変数で 編集可能 なので、ユーザーはベクターに対する X、 Y、 Z 値を正確に入力することができます。この変数に対して [Show 3D Widget] を true に設定すると、ユーザーはレベルで 3D ウィジェットを選択してドラッグし、フェンスの終了ポイントを設定することができます。