Language:
Page Info
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

1.3 - 自動リング

blueprint_advanced_1_3.png

BP_Radial_Array ブループリントはコンストラクション スクリプトを使用して等間隔の Static Mesh コンポーネントのリングを生成します。アクタの [Details (詳細)] タブで編集できるように、ここではいくつかの変数がパブリックに設定されています。以下の変数があります。 ここでは、追加する Static Mesh Components の数、リングの半径、追加回転オフセットを追加する機能、リングへのギャップの挿入機能などを指定する変数があります。

コンストラクション スクリプト

フルサイズ表示するには、右クリック または [Save As (名前を付けて保存)] を選択します。

  • ForLoop ノードの Index 出力を使用して、追加した各 Static Mesh コンポーネントに対する位置オフセットを決定します。このインデックス番号は、メッシュ数半径 の変数と組み合わされ、各 StaticMesh コンポーネント の回転値および円に配置する位置オフセットの両方を生成します。