Language:
Page Info
Engine Version:
The translation of this page is out of date. Please see the English version for the latest version of the page.

2.3 - ブループリント インターフェース

blueprint_advanced_2_3.png

ブループリントインターフェイス は、あるブループリント が別のブループリントのイベントや関数をトリガーできるようにします。この 2 つのブループリントは両方とも、 Blueprint Properties でブループリント インターフェイスを実装していなければなりません。 この例では、 BP_Button ブループリント が BP_Gears ブループリントのギアのスピンを開始または停止させます。

ここでは、以下の 2 つの独立したブループリントがあります。トリガーとして使用するボックス コンポーネントを備えたボタン ブループリントと、ボタンの押下中に回転を開始するギアのコレクションで構成されたブループリントという 2 つの別々のブループリントがあります。3 つ目のアセットであるブループリント インターフェイスは、あるブループリントから別のブループリントへ情報を送る手段として使用します。

BP_Button

フルサイズ表示するには、右クリック し、[Save As (名前を付けて保存)] を選択します。

Shape コンポーネントは、ボックス、カプセル、または球のいずれかで、主にコリジョン検知に使用されるシンプルな形状のコンポーネントです。BP_Button のボックス コンポーネントはポーンをオーバーラップするためだけに設定されるので、スクリプトの OnComponentBeginOverlap イベントはポーンがボックスにオーバーラップした時に発行のみします。

Toggle interface message ノードには、 Target ピンに接続された Target Blueprint アクタ変数があります。Target Blueprint 変数はパブリックで、レベル内に配置されたボタンのインスタンスに対し BP_Gears を設定します。その結果、これらの Interface message ノードは BP_Gears ブループリントにある Toggle イベントを実行します。

BP_Gears

フルサイズ表示するには、右クリック し、[Save As (名前を付けて保存)] を選択します。

ギア ブループリントは、ギア Static Mesh コンポーネントの回転を開始または終了させるノードに接続された、特別な Toggle インターフェイス イベントの形でインターフェイスを実装します。このイベントは、BP_Button の Toggle interface message ノードによりトリガーされます。

Interface 変数 - これらのブループリントに使用する interface event は BOOL 変数も出力します。これは interface event の発行時に回転の中止または開始の指示をギア ブループリントに出すために使用します。インターフェイスは、イベントを呼び出したブループリントへ変数を返すこともできます。これは、ブループリント間での双方向の情報の受け渡しに便利です。

しかし、このケースでは、 Target ブループリントでの実装はイベントではなく関数で行われます。